人気ブログランキング |

名勝和歌の浦 玉津島保存会

wakanoura.exblog.jp ブログトップ

<   2019年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

浜の宮海水浴場

c0367107_17470981.jpg
c0367107_17452903.jpg
浜の宮海水浴場です。自然な海岸で遠浅です。海水浴にはもってこいの場所です。

by tamatusima | 2019-06-30 00:01 | 浜の宮

片男波 和歌川 キス釣り

c0367107_17480059.jpg
片男波、和歌川両方でキスが釣れています。平日でも多くの釣り人が来ます。

by tamatusima | 2019-06-29 00:01 | 片男波

片男波

c0367107_17481414.jpg
片男波海岸。幼稚園児が海岸で遊びます。

by tamatusima | 2019-06-28 00:01 | 片男波

玉津島神社

c0367107_11242733.jpg
玉津島神社、毎日各地から観光バスが来ます。大賑わいです。

by tamatusima | 2019-06-27 00:01 | 玉津島神社・塩竈神社

橋の日

c0367107_08050605.jpg
c0367107_08063766.png

古来より名勝である和歌の浦は、抜けるような青い空の下、緑豊かな緑地帯である山並みに囲まれ、水平線上に、幾重にも連なる長峰山脈があり、手前には毛見崎、更に章魚頭姿山(たこづしやま)に囲まれた大パノラマ空間の中に、海、川、砂嘴、干潟、島が存在します。片男波の砂嘴の外側には、躍動する大海原から波が打ち寄せ、内側には玉のように美しい六つの島である玉津島山が連なり、名草山の山容が水面に静かに影を落とします。干潟は潮の満ち引きにより、生命の循環を示すかのように姿を変えます。空、海、波、干潟、音は、動的に躍動して景観を変え、一瞬たりとも同じではありません。

神亀元年(724)、聖武天皇は、和歌の浦の景観に深く感動し、春秋2回、官人を遣わし玉津島之神、明光浦之霊を祀るよう詔をだしました。同行した山部赤人は、「若の浦に潮満ちくれば潟を無み 芦辺をさして 鶴(たづ)鳴き渡る」と詠みます。この短歌を契機に、和歌の浦は、歴代天皇や貴族にとって憧れの海の景勝地になりました。

江戸時代には、紀州初代藩主徳川頼宜(よりのぶ)は、天下の景勝地和歌の浦に、父家康の慰霊のために紀州東照宮を、母養珠院(ようじゅいん)を祀るために妹背山多宝塔を整備しました。妹背山整備に伴い、現在修復中の三断橋が造られました。江戸時代後期には、徳川治宝の命により、旅所移転に伴い、不老橋が造られれ、また奠供山の頂上に観海閣と同規模の拝殿を作り、春・秋に「望祀(ぼうし)の礼」(牲・生贄、しとぎ・米のお供え物)を供し山川を遠望する祭が行われました。




by tamatusima | 2019-06-26 00:01 | 名勝和歌の浦クリーンアップ

玉津島神社

c0367107_11151100.jpg
c0367107_11150782.jpg
c0367107_11152141.jpg
玉津島神社が読売新聞夕刊で大きく取り上げられました。

by tamatusima | 2019-06-25 00:00 | 玉津島神社・塩竈神社

名勝和歌の浦クリーンアップ 片男波

6月23日 日曜日 名勝和歌の浦クリーンアップ隊の活動日、片男波海岸です。和歌浦走友会、トヨタカローラ和歌山株式会社シーズ秋葉山店また和歌山市の新人研修での参加があり、総勢45名です。一気に片男波海岸が奇麗になりました。

c0367107_13564167.jpg
c0367107_13553347.jpg

c0367107_13552786.jpg
c0367107_13552263.jpg
c0367107_13551162.jpg
c0367107_13563275.jpg
c0367107_17250251.jpg
ありがとうございました。



by tamatusima | 2019-06-24 00:01 | 名勝和歌の浦クリーンアップ

国史跡水軒堤防

c0367107_13152300.jpg
c0367107_13153406.jpg
6月22日 土 水軒堤防公園サポートクラブの活動日。10名が集まり、清掃を実施しました。

c0367107_13032907.jpg
c0367107_13032549.jpg
c0367107_13031879.jpg
c0367107_13032277.jpg
c0367107_13031491.jpg
四紙に掲載されました。地域の宝であった水軒堤防が国の宝になりました。やった。和歌山市教委、和歌山県教育委員会、ありがとうございます。

詳細は未定ですが、9月8日、日曜日、午後から調査担当者であった風土記の丘学芸課長の佐々木さん講演「国史跡水軒堤防の価値」を実施する予定です。よろしくお願い致します。

本日、名勝和歌の浦クリーンアップ 片男波海岸です。

by tamatusima | 2019-06-23 00:01 | 水軒の浜に松を植える会

名勝和歌の浦クリーンアップ 

6月23日 日曜日 9時30分から12時まで片男波海岸の清掃です。南端部分の片男波を清掃します。
c0367107_08131393.jpg



c0367107_17250251.jpg
c0367107_08074008.png

日本遺産「絶景の宝庫 和歌の浦」に認定。国指定名勝和歌の浦 国指定基準

2.橋梁(きょうりょう)(三断橋・不老橋)8.()()海浜(かいひん)島嶼(とうしょ)(片男波海岸、海、奠供山・鏡山・妹背山)    11.展望地点(奠供山頂・鏡山山頂・妹背山山頂・観海閣・和歌の浦干潟を見る地点)により指定。                

名勝和歌の浦は、平成22年8月5日に、和歌の浦干潟を中心として玉津島神社など約90万㎡ が国指定名勝ととなり、追加指定も行われました。「神亀元年(724)の聖武天皇行幸に際して山部赤人が詠んだ 若の浦に潮満ちくれば潟(かた)を無み 芦辺をさして 鶴(たづ)鳴き渡る の名歌に端を発して、その後、都に住む貴族にとって憧れの海の景勝地となった干潟・島嶼・砂洲などから成る優秀な海浜の風致地区である。」として国レベルでの鑑賞上の価値があるとして文化財保護法により指定されました。私達が住む和歌浦地区が指定されたこと、地域の誇りです。

 名勝は、自然的要素と人文的要素があります。前者は、自然が造り上げた壮大な景観、橋杭岩・円月島など、後者は、養翠園、温山荘など人工的に作り上げた景観です。名勝和歌の浦は、全国的にも稀な自然的・人文的要素両方を備えた名勝です。前面に長峰山脈、名草山、また高津子山に囲まれた中に、潮の干満により風景が変わる和歌の浦干潟と片男波の砂嘴、海浜が織りなす自然の景観の中に、玉津島神社・鹽竈神社、和歌浦天満宮・紀州東照宮、また三断橋や不老橋など人工的な景観が絶妙に配置された空間として、和歌の浦は、自然・歴史・文化が評価されました。四季折々、空、海、波、干潟、音は、動的に躍動して変わり、一瞬たりとも同じ景観はありません。

また、国名勝和歌の浦を基軸にした物語、生命の循環を示すかのような干潟の干満、その風景が季節や天候により日々変化する和歌の浦、その美しい空間に和歌の神様が玉津島神社に舞い降りた物語、それが日本遺産「絶景の宝庫 和歌の浦」として認定されています。この風景を守るために、名勝和歌の浦クリーンアップ隊は、指定地をきれいにするために、平成235月に結成(隊長・大道眸和歌浦連合自治会長)されました。自由にご参加ください。





by tamatusima | 2019-06-22 00:01 | 名勝和歌の浦クリーンアップ

県史跡雑賀崎台場

c0367107_12550858.jpg
c0367107_12550389.jpg
c0367107_12545861.jpg
c0367107_12545329.jpg
トンガの鼻自然クラブが守る雑賀崎台場です。幕末期の紀州藩が造り上げた台場跡。自然博物館の内藤さんが訪れました。NPO法人和歌の浦 自然・歴史・文化支援機構が、和歌山市南部の植生が分かる資料を作成し、パンフレットとします。興味のある人に配布し、和歌山市南部の植生を楽しんでもらいます。

by tamatusima | 2019-06-21 00:01 | 雑賀崎
line

名勝和歌の浦の自然・歴史・文化の情報発信


by tamatusima
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー