人気ブログランキング |

名勝和歌の浦 玉津島保存会

wakanoura.exblog.jp ブログトップ

<   2019年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

玉津島神社 万葉歌碑


c0367107_14435693.jpg
                                                     

神亀元年甲子(きのえね)の冬の十月五日に、紀伊の国に(いでま)す時に、山部宿禰(やまべのすくね)赤人(あかひと)の作る歌一首 并せて短歌              

すみしし 我ご大君(おおきみ)の 常見(とこみや)と (つかえ)奉れる 雑賀野ゆ そがひに見ゆる 沖つ島 清き(なぎさ)に 風吹けば 

白波(さわぎ)き (しお)()れば (たま)()()りつつ 神代(かみよ)より しかぞ貴き(とうと) 玉津島山 反歌二首 

   巻619・7 山部宿祢赤人

神龜元年甲子冬十月五日幸于紀伊國時山部宿祢赤人作歌一首[并短歌] 反歌二首 

安見知之 和期大王之 常宮等 仕奉流左日野由 背所見 奥嶋 清波瀲尓 風吹者吹者 白浪左和伎 潮干者 玉藻苅官 神代従 然曽尊吉 玉津嶋夜麻 玉津島山 


 <やすみしし> わが天皇の永遠の宮として この宮にお仕えする雑賀野から、後ろに見える沖つ島、その清らかな渚には風が吹くと白波が騒ぎ、潮が引くと美しい海藻を刈りつつ、神代からこの貴きことよ 玉津島山は 

c0367107_13585393.jpg

玉津島神社拝殿横 平成六年十一月十九日 揮毫者 犬養孝・国文学者 日

本全国の万葉故事に揮毫された万葉歌碑一四一のうち、九十八・九十九番目

の歌碑。青石は、犬養先生自ら選ばれたもの。


              

 
by tamatusima | 2019-06-16 00:01 | 玉津島神社・塩竈神社

和歌の浦 万葉集

万葉集は、奈良時代後半、7世紀後半から8世紀後半ころにかけて編まれた日本に現存する最古の和歌集。天皇、貴族から下級官人、防人まで、いろいろな身分の人が詠んだ歌を4500首以上も集めたもので、成立は759年(天平宝字3年)以後と考えられています。万葉集で歌われたことがない都道府県がある中で、和歌山県は102首あり、和歌の浦に関する歌は13首も存在します。奈良時代から有名な地であったことが分かります。和歌の浦干潟に関する歌が最も多く、潮の満ち引きに感動した姿が浮かびます。歌は、宮廷歌人、貴族など多くの人々が玉津島、和歌の浦の景観美をほめたたえます。奈良時代、美しい名勝和歌の浦をみた歌人たち。今私達もその風景を見ることができるのです。

巻6-917  やすみししわご大君の常宮と仕へまつれる雑賀野ゆ背向に見ゆる
         沖つ島 清き渚に風吹けば白波騒き潮干れば玉藻刈りつつ神代よ
         り然そ尊き玉津島山
巻6-918  沖つ島 荒磯の玉藻 潮干満ちて い隠りゆかば 思ほえむかも
巻6-919  若の浦に 潮満ち来れば 潟を無み 葦辺をさして 鶴鳴き渡る
巻7-1194 紀伊国の 雑賀の浦に 出て見れば 海人の燈火 波間に見ゆ
巻7-1215  玉津島 よく見ていませ あをによし 平城なる人の 待ち問はばいかに
巻7-1216  潮満たば いかにせむとか 方便海の神が 手わたる 海未通女ども
巻7-1217  玉津島 見てし善けくも われは無し 都に行きて 恋ひまく思へば
巻7-1219  和歌の浦に 白波立ちて 沖つ風 寒き暮は 倭し思ほゆ
巻7-1222  玉津島 見れども飽かず いかにして 包み持ち行かむ 見ぬ人のため
巻9-1299  玉津島磯の浦廻の真砂にもにほひて行かな妹が触れけむ
巻12-3168  衣手の真若の浦の真砂子地間無く時無しわが恋ふらくは
巻12-3175  若の浦に袖さへ濡れて忘れ貝拾へど妹は忘らえなくに
c0367107_14220189.jpg





by tamatusima | 2019-06-15 00:01 | 名勝和歌の浦

名勝和歌の浦 御手洗池公園

c0367107_12152377.jpg
c0367107_12124608.jpg
御手洗池公園で、家にまで伸びてきた樹木の伐採です。50年以上の樹木です。奇麗に刈られ、太陽が降ってきました。

by tamatusima | 2019-06-14 08:01 | 名勝和歌の浦

片男波

c0367107_18230398.jpg
高津子山です。夏の気配です。多くの人が片男波海水浴場を楽しみます。

by tamatusima | 2019-06-14 00:01 | 片男波

片男波海岸 海ゴミを目指して

c0367107_14544605.jpg
和歌山新報。


by tamatusima | 2019-06-12 00:01 | 片男波

アサリ取り

c0367107_14510196.jpg
片男波の干潟でアサリを養殖しています。自然に大きくなり、和歌浦の風物詩であるアサリ取りが楽しめる日も近い。

by tamatusima | 2019-06-11 00:01 | 片男波

大正4年 片男波地区

c0367107_08385159.jpg
片男波地区です。和歌浦天満宮の下まで伸びていた干潟は、埋め立てられています。溝端佳則さん資料です。

by tamatusima | 2019-06-10 00:01 | 片男波

妹背山三断橋修復

c0367107_12191079.jpg
c0367107_12191576.jpg
妹背山三断橋の整備が始まりました。昨年の台風のより、石垣が崩壊しました。それを直します。国指定名勝和歌の浦の指定基準の一つ、橋梁、不老橋と共に重要な構成要素です。17世紀初め、徳川頼宜公により整備された妹背山は、母お万の方を祀ります。多宝塔の下には、上皇から庶民まで、お題目を記した15万個の経石が収められました。三断橋は、その妹背山に渡る県内最古の石橋です。県教委により、各専門家からなる委員会を立ち上げ、文化庁の現状変更許可を受けて工事が始まります。今年一年かけて立派な元の三断橋に戻ります。

by tamatusima | 2019-06-09 00:01 | 妹背山

玉津島神社 メダカ

c0367107_14435693.jpg
c0367107_14434816.jpg
c0367107_14434395.jpg

玉津島神社にメダカがきました。赤や白のメダカです。

by tamatusima | 2019-06-08 00:01 | 玉津島神社・塩竈神社

西浜中学校 水軒堤防

c0367107_12194975.jpg
c0367107_08413300.jpg

水軒堤防、一気に草刈りを実施しました。西浜中学校1年生が来ます。刈った草を集め、一か所に集めます。
久しぶりに激しい雨です。西浜中学校のボランティアは、中止です。秋に実施予定です。

by tamatusima | 2019-06-07 00:01 | 水軒の浜に松を植える会
line

名勝和歌の浦の自然・歴史・文化の情報発信


by tamatusima
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー