名勝和歌の浦 玉津島保存会

wakanoura.exblog.jp ブログトップ

<   2018年 03月 ( 34 )   > この月の画像一覧

春です。

本日、名勝和歌の浦 桜まつり始まります。玉津島神社10時集合。絶景の方向和歌の浦 の絶景スポットを歩きます。

c0367107_16201474.jpg
c0367107_16202677.jpg
c0367107_16211659.jpg
c0367107_16212169.jpg
c0367107_16212732.jpg
春です。
c0367107_11445481.jpg
c0367107_11450335.jpg
c0367107_11445934.jpg

[PR]
by tamatusima | 2018-03-31 00:01 | イベント

和歌の浦整備計画 国認定

歴史的風致維持向上計画が国に認定され、「歴史まちづくり法」に基づいて、平成18年から和歌の浦の整備に取り組むとのことです。玉津島神社となりの須佐病院敷地に、観光情報施設ができます。駐車場・トイレが整備され、観光に来た人が休める場所。感激です。

c0367107_09034117.jpg
読売新聞 和歌山版 をネット検索してください。
c0367107_17103487.jpg
c0367107_17102970.jpg
c0367107_17100928.jpg
c0367107_17112331.jpg
c0367107_17114155.jpg
c0367107_17115250.jpg
c0367107_17123150.jpg
c0367107_17122005.jpg


[PR]
by tamatusima | 2018-03-30 12:00 | イベント

名勝和歌の浦 桜まつり

名勝和歌の浦クリーンアップ隊により奇麗にされた不老橋周辺。きれいです。3月31日、4月1日 名勝和歌の浦 桜満開のもと、玉津島神社とあしべ屋妹背別荘を会場として、桜まつりが開かれます。多彩な行事がありますので、ご参加ください。
c0367107_16373408.jpg
c0367107_16265445.jpg
c0367107_17011956.jpg

c0367107_16275511.jpg
c0367107_16264925.jpg
c0367107_16270011.jpg
c0367107_16270563.jpg
c0367107_16280030.jpg
c0367107_11445481.jpg
c0367107_11450335.jpg


[PR]
by tamatusima | 2018-03-30 00:01 | イベント

名勝和歌の浦 桜まつり

c0367107_16310878.jpg
c0367107_16311471.jpg
c0367107_16312658.jpg
c0367107_16311995.jpg
桜満開です。3月31日、4月1日 名勝和歌の浦 桜まつり。満開の桜のもと、開催です。天気もは晴れです。楽しみましょう。名勝和歌の浦。ご参加下さい。

[PR]
by tamatusima | 2018-03-29 16:33 | イベント

なだの浜 クリーン大作戦

トンガの鼻自然クラブ、なだの浜くクリーン大作戦です。第4回目。
c0367107_16553635.jpg
c0367107_16554118.jpg
c0367107_16554644.jpg
c0367107_16555302.jpg
c0367107_16555847.jpg
c0367107_16560532.jpg
c0367107_16561080.jpg
山崎さん作成です。疲れた時に美味しい。
c0367107_16561674.jpg
無事終了です。大木も片付きました。お疲れです。
c0367107_17365315.png

[PR]
by tamatusima | 2018-03-29 00:01 | イベント

水軒の浜に松を植える会 ドッグラン 桜満開です。

c0367107_16144376.jpg
c0367107_16150272.jpg
c0367107_16151454.jpg
水軒堤防、ドッグランの桜が満開です。今年は桜満開が早いです。和歌山新報千田記者に会いました。桜の取材だそうです。

[PR]
by tamatusima | 2018-03-28 00:01 | 水軒の浜に松を植える会

高津子山の桜

高津子山の桜は、和歌の浦旅館組合が植えています。またサツキやツツジは、和歌遊園会社が36年2月に当時の100万円を投じて植栽したものです。昭和36年の高額所得者に、54位 畑山栄三(和歌浦・度量衡)、93位和中金助(和歌浦)が挙がっています。
和中金助は、247万8千円の収入です。大卒初任給1万2千円です。当時の100万円は大きな金額です。新和歌浦旅館萬波楼も昭和37年に大瀬文左衛門により創業されました。

昭和37年3月25日 朝日新聞和歌山版 
観光の春 準備はOK
「新和歌浦のロープウエーや展望台は4月上旬だけですでに10団体の予約がある。新和歌遊園会社は、市など20日からひらいているさくらまつりに協賛して毎土、日曜日に山上で演芸会などアトラクションを催すが、ロープウエーは乗客が多いときはフル運転する。桜に次いで昨年2月ごろ山上に100万円を投じて500本のツツジやサツキを植えたのが見ごろになり5月いっぱい楽しめそう。昨年は春の観光シーズン中、4月2日の6000人を最高に、1日3000人―4000人が登っており、今年は2割増を見込んでいる。和歌浦水族館は、昨年の第2室戸台風で大被害を受けた修理中だったが、さる9日から再開、珍しい魚も次々入れる準備をしている。 」
 
岡徳楼に長く務めた保井さんの話
桜はその前からちょっとあったが、組合で何千本も植えた。昔は、桜の季節になると、一升瓶をもった人がぞろぞろ道を歩いて、高津子山に登って花見をした。ここたいの人が皆行った。
c0367107_16131369.jpg
c0367107_16130791.jpg

[PR]
by tamatusima | 2018-03-27 00:01

名勝和歌の浦クリーンアップ 不老橋~塩竈神社

名勝和歌の浦クリーンアップ隊、25日 日曜日 9時30分から12時までです。玉津島神社と不老橋です。玉津島神社は、松の根っこが残っているので、それを引き抜きます。

c0367107_13154894.jpg
c0367107_13155333.jpg
c0367107_13160043.jpg
c0367107_13162498.jpg
c0367107_13164001.jpg
c0367107_13165786.jpg
水軒の浜に松を植える会から借りたロープで引き抜きました。一気です。
c0367107_13170274.jpg
c0367107_13172203.jpg
c0367107_13172790.jpg
c0367107_13221947.jpg
c0367107_13221237.jpg
c0367107_13173838.jpg
c0367107_13175362.jpg

これで不老橋周辺はきれいになりました。準備は万全です。
c0367107_11445481.jpg
c0367107_11450335.jpg
c0367107_11445934.jpg



[PR]
by tamatusima | 2018-03-26 00:01 | 名勝和歌の浦クリーンアップ

第5回 名勝和歌の浦 桜まつり

c0367107_16421478.jpg
c0367107_16405882.jpg
c0367107_11445481.jpg
c0367107_11450335.jpg
c0367107_11445934.jpg

[PR]
by tamatusima | 2018-03-25 00:01 | イベント

妹背山

万葉の景観を今に残す妹背山。江戸時代、徳川頼宣公は御三家の威信をかけて妹背山に多宝塔を造りました。この妹背山を守るため、海禅院が造られています。また、庶民のために和歌の浦干潟を楽しむための施設、観海閣が造られました。公が作った庶民みんなが楽しむ施設です。三断橋を渡り、別世界で干潟の干満、雲の変化を楽しむことが出来るようになったのです。公園です。

c0367107_16361538.jpg
c0367107_16374539.jpg
c0367107_16445157.jpg
c0367107_16390447.jpg

『令法久住』(りょうぼうくじゅう)「令法久住」は、「法をして久(ひさ)しく住(じゅう)せしめん」と読みます。
 法華経の『見宝塔品(けんほうとうほん)』に、
 諸々(もろもろ)の大衆に告(つ)ぐ 我(わ)が滅度の後(のち)に誰か能(よ)く斯(こ)の経を護持(ごじ)し読誦(どくじゅ)せん 今仏前(ぶつぜん)に於(お)いて 自ら誓言(せいごん)を説け(中略)当(まさ)に大願を発(ほっ)して久しく住することを得(え)せしむべし(開結四一四)
と説かれているように、法華経の教えが未来永劫(えいごう)に亘(わた)って正しく護(まも)り伝えられていくことをいいます。お万の方の強い意志、思いが記されています。
多宝塔の下には、天皇から庶民まで題目を記した経石が埋納されていました。
平成16年、菅原正明先生が指導した発掘調査により、経石は掘り出され、学術研究が行われています。研究が一段落したら、経石はもとの多宝塔の下に納められます。17世紀中頃から300年以上、埋納されてきた経石。お万の方、徳川頼宣公の強い平和への思い、その思いにこたえた天皇から庶民が経石に込めた思い、その15万個の経石は、近い将来元の場所に戻されます。

経石通信より


[PR]
by tamatusima | 2018-03-24 00:01 | 妹背山
line

名勝和歌の浦の自然・歴史・文化の情報発信


by tamatusima
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー