名勝和歌の浦 玉津島保存会

wakanoura.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:妹背山( 17 )

妹背山 下り松

c0367107_08463598.jpg
妹背山 下り松 名物でした。

[PR]
by tamatusima | 2018-08-08 00:01 | 妹背山

妹背山

c0367107_09491893.jpg
c0367107_09494153.jpg

日根さんです。妹背山をいつもきれいにしています。ありがとうございます。



[PR]
by tamatusima | 2018-07-22 00:01 | 妹背山

妹背山

c0367107_12500421.jpg
c0367107_12500825.jpg
大雨により、多くのごみがきました。妹背山は、日蓮宗の熱心な信者であった家康の妻、お万を祀ります。紀州初代藩主徳川頼宜の母上です。明治以降の建物、あしべ屋妹背別荘は、西本直子さんが守ります。今、妹背山の雑草取り、干潟のごみなどは、日根さんが一切を奇麗にします。ありがたいことです。


[PR]
by tamatusima | 2018-07-09 00:01 | 妹背山

妹背山 観海閣

c0367107_07090916.jpg
切手になった観海閣。海を見る場所です。干潟の干満を楽しむ場所。

[PR]
by tamatusima | 2018-07-08 00:01 | 妹背山

妹背山とあしべ屋

明治35年印刷の妹背山からみた三断橋及び芦部屋です。桜が満開の季節、三階建ての芦部屋には多くの人が遊び、三断橋や妹背山にも人々が集う風景が描かれています。右上には、経王堂と共に紀三井寺が描かれます。明治の頃、名勝和歌の浦は、観光客で溢れていたのでしょう。市町川沿いにも望海楼など旅館がありました。


菅原正明氏『経石通信』より。明治35年4月1日印刷

[PR]
by tamatusima | 2018-05-14 00:01 | 妹背山

名勝和歌の浦 

c0367107_08112227.jpg
c0367107_16273686.jpg


[PR]
by tamatusima | 2018-04-04 00:01 | 妹背山

妹背山

万葉の景観を今に残す妹背山。江戸時代、徳川頼宣公は御三家の威信をかけて妹背山に多宝塔を造りました。この妹背山を守るため、海禅院が造られています。また、庶民のために和歌の浦干潟を楽しむための施設、観海閣が造られました。公が作った庶民みんなが楽しむ施設です。三断橋を渡り、別世界で干潟の干満、雲の変化を楽しむことが出来るようになったのです。公園です。

c0367107_16361538.jpg
c0367107_16374539.jpg
c0367107_16445157.jpg
c0367107_16390447.jpg

『令法久住』(りょうぼうくじゅう)「令法久住」は、「法をして久(ひさ)しく住(じゅう)せしめん」と読みます。
 法華経の『見宝塔品(けんほうとうほん)』に、
 諸々(もろもろ)の大衆に告(つ)ぐ 我(わ)が滅度の後(のち)に誰か能(よ)く斯(こ)の経を護持(ごじ)し読誦(どくじゅ)せん 今仏前(ぶつぜん)に於(お)いて 自ら誓言(せいごん)を説け(中略)当(まさ)に大願を発(ほっ)して久しく住することを得(え)せしむべし(開結四一四)
と説かれているように、法華経の教えが未来永劫(えいごう)に亘(わた)って正しく護(まも)り伝えられていくことをいいます。お万の方の強い意志、思いが記されています。
多宝塔の下には、天皇から庶民まで題目を記した経石が埋納されていました。
平成16年、菅原正明先生が指導した発掘調査により、経石は掘り出され、学術研究が行われています。研究が一段落したら、経石はもとの多宝塔の下に納められます。17世紀中頃から300年以上、埋納されてきた経石。お万の方、徳川頼宣公の強い平和への思い、その思いにこたえた天皇から庶民が経石に込めた思い、その15万個の経石は、近い将来元の場所に戻されます。

経石通信より


[PR]
by tamatusima | 2018-03-24 00:01 | 妹背山

妹背山

c0367107_12312969.jpg
清としています。妹背山です。

[PR]
by tamatusima | 2018-02-17 00:01 | 妹背山

妹背山 古写真

c0367107_21203301.jpg
c0367107_21202937.jpg
妹背山経王堂前には、多くの人がいます。溝端佳則さん提供写真。

[PR]
by tamatusima | 2018-02-10 00:01 | 妹背山

名勝和歌の浦 妹背山



和歌山城と同じ17世紀の石垣。和歌の浦干潟から見るように造られています。

多宝塔。お万の方を祀ります。

菅原正明氏作図。多宝塔断面図。家康の妃であったお万の方は、熱心な日蓮宗信徒でした。多宝塔の中には南無妙法蓮華経と書かれた題目碑があり、その下の石室の中に15万個の経石が入っていました。『経石通信』 
妹背山頂上部から見た景色。名勝和歌の浦で美しい景色。妹背山、鏡山、奠供山各位置から和歌の浦干潟を見てください。


[PR]
by tamatusima | 2018-02-04 00:01 | 妹背山
line

名勝和歌の浦の自然・歴史・文化の情報発信


by tamatusima
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー