名勝和歌の浦 玉津島保存会

wakanoura.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:名勝和歌の浦( 218 )

日本遺産 絶景の宝庫 和歌の浦 説明版

c0367107_12253749.jpg
主要な場所に日本遺産の看板が設置されました。国指定の「名勝和歌の浦」を基軸にして、「日本遺産 絶景の宝庫 和歌の浦」が認定され、歴史まちづくり法も認められました。古来からの名勝として、有名な和歌の浦ですが、文化財保護法で指定され、守られてこそ、その後の動きがあるのです。名勝和歌の浦に指定され、説明版の設置、三断橋の修復、玉津島神社の修復、不老橋の修復などなされていますが、その指定場所以外の修景は、歴史まちづくり法などにより実施されます。須佐病院敷地の観光案内所などもその補助金でできます。大きく和歌山市は、動いてます。楽しい限りです。

[PR]
by tamatusima | 2018-04-24 00:01 | 名勝和歌の浦

刻々と変わる名勝和歌の浦 散歩

万葉景観を残す名勝和歌の浦の中核部分です。歩くことにより景色が変化します。この景色の変化が脳に影響して、とっても良い効果を与えるそうです。散歩しましょう。朝は、見知らぬ人におはようございますと挨拶して、一日が始まりです。
c0367107_07262709.jpg
c0367107_07265402.jpg
c0367107_07271257.jpg

[PR]
by tamatusima | 2018-04-05 00:01 | 名勝和歌の浦

御手洗池公園 桜

c0367107_08071534.jpg
c0367107_08064792.jpg
今年の桜も終了です。


[PR]
by tamatusima | 2018-04-03 08:07 | 名勝和歌の浦

万葉集 和歌の浦

万葉集は、奈良時代後半、7世紀後半から8世紀後半ころにかけて編まれた日本に現存する最古の和歌集。天皇、貴族から下級官人、防人まで、いろいろな身分の人が詠んだ歌を4500首以上も集めたもので、成立は759年(天平宝字3年)以後と考えられています。数多くの和歌が和歌山で詠まれています。和歌の浦、玉津島に関する和歌は、12首もあります。宮廷歌人、貴族など多くの人々が玉津島、和歌の浦の景観美をほめたたえます。奈良時代、美しい名勝和歌の浦をみた歌人たち。今私達もその風景を見ることが出来ます。

巻6-917  やすみししわご大君の常宮と仕へまつれる雑賀野ゆ背向に見ゆる
         沖つ島 清き渚に風吹けば白波騒き潮干れば玉藻刈りつつ神代よ
         り然そ尊き玉津島山
巻6-918  沖つ島荒磯の玉藻潮干満ちてい隠りゆかば思ほえむかも
巻6-919  若の浦に潮満ち来れば潟を無み葦辺をさして鶴鳴き渡る
巻7-1215  玉津島よく見ていませあをによし平城なる人の待ち問はばいかに
巻7-1216  潮満たばいかにせむとか方便海の神が手わたる海未通女ども
巻7-1217  玉津島見てし善けくもわれは無し都に行きて恋ひまく思へば
巻7-1219  和歌の浦に白波立ちて沖つ風寒き暮は倭し思ほゆ
巻7-1222  玉津島見れども飽かずいかにして包み持ち行かむ見ぬ人のため
巻9-1299  玉津島磯の浦廻の真砂にもにほひて行かな妹が触れけむ
巻12-3168  衣手の真若の浦の真砂子地間無く時無しわが恋ふらくは
巻12-3175  若の浦に袖さへ濡れて忘れ貝拾へど妹は忘らえなくに
c0367107_15511072.jpg


[PR]
by tamatusima | 2018-03-21 00:01 | 名勝和歌の浦

名勝和歌の浦 松

c0367107_13344258.jpg
c0367107_13344800.jpg
芭蕉の歌碑近くの松、虫がつかないように、予防中。
c0367107_11445481.jpg
c0367107_11450335.jpg
c0367107_11445934.jpg

[PR]
by tamatusima | 2018-03-20 00:01 | 名勝和歌の浦

2月後半 名勝和歌の浦

c0367107_17451400.jpg
c0367107_17452659.jpg
c0367107_17453264.jpg
c0367107_17444082.jpg
名勝和歌の浦。和歌の浦干潟の刻々と姿を変える風景。四季折々、晴れの日も雨の日も。少し歩けば、その風景はまた変わる。片男波海岸からは、大海原が見えます。美しい名勝和歌の浦。きれいです。

[PR]
by tamatusima | 2018-02-27 00:01 | 名勝和歌の浦

雪 名勝和歌の浦

2月13日 火曜日 雪が積もりました。昨年も積もっています。雪が積もった和歌浦の景色。美しい。
c0367107_11361996.jpg
c0367107_11370949.jpg
c0367107_11351514.jpg
c0367107_11374049.jpg
c0367107_11332332.jpg
c0367107_11272234.jpg
c0367107_11335871.jpg
c0367107_11324902.jpg
c0367107_11264991.jpg
c0367107_11241872.jpg
c0367107_11261240.jpg




[PR]
by tamatusima | 2018-02-14 00:01 | 名勝和歌の浦

妹背山 経王堂

三断橋を渡って行き当たりの右側の「小堂」は、「経王堂」と呼ばれます。梵文題目碑(ぼんもんだいもくひ)の覆屋です。妹背山には題目碑が二つあります。江戸時代には、妹背山多宝塔の梵文題目碑を「雄石」、経王堂の題目碑を「雌石」と呼んでいます。


雨の中梵文題目碑を守る再建された経王堂




[PR]
by tamatusima | 2018-02-13 00:01 | 名勝和歌の浦

御旅所

和歌祭りの時、東照宮から神が乗った御輿が降りてきます。御輿には神が宿っています。その御輿が休む場所として御旅所があります。御旅所は、最初和歌公園の8の字公園にありましたが、幕末期、徳川治宝公により、不老橋新設、奠供山への拝殿建設などの事業と共に移されました。


17世紀中頃の片男波の風景です。御旅所があります。今の8の字公園にありました。


紀州和歌浦絵図1861年以前の絵図です。片男波が描かれています。


新波です。その後ろに御旅所が描かれています。地引き網が行われています。


明治40年頃の新波です。この旧ばとと呼ぶ堤防の後ろに御旅所がありました。


大正7年
新たな御旅所は、不老橋近くの片男波にあります
[PR]
by tamatusima | 2018-02-11 00:01 | 名勝和歌の浦

名勝和歌の浦 雪が舞いました。

c0367107_11354116.jpg
c0367107_11352216.jpg
紀州東照宮

c0367107_11360184.jpg
御手洗池公園

c0367107_11355584.jpg
和歌浦天満宮。
c0367107_17351509.jpg
c0367107_17354468.jpg
玉津島神社
c0367107_17360701.jpg
寒い。雪が舞っています。

[PR]
by tamatusima | 2018-02-07 00:01 | 名勝和歌の浦
line

名勝和歌の浦の自然・歴史・文化の情報発信


by tamatusima
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー