名勝和歌の浦 玉津島保存会

wakanoura.exblog.jp ブログトップ

2018年 05月 17日 ( 1 )

日本遺産 絶景の宝庫 和歌の浦

和歌山市南部和歌の浦(和歌浦・田野・雑賀崎・水軒)は、美しい自然・歴史・文化財の宝庫である。

和歌浦地区は、万葉の時代以来多くの天皇、貴族、文人墨客が訪れ、海浜・干潟、砂州、島しょの自然の景勝地として知られていた。江戸時代、紀州御三家になり、景勝地としての整備が進んだ。平成228月、自然的名勝であると共に人文的名勝として、和歌川河口部の干潟を中心とする地域が、国の名勝指定を受け、平成2610追加指定を受けた。それを基礎として、平成294月には、日本遺産 絶景の宝庫 和歌の浦に認定された。平成304月には、和歌山市が国から歴史まちづくり法が認定され、その重点区域に和歌の浦地区は選ばれ、古民家を利用した「和歌の浦ガイダンス施設(駐車場含む)」の整備も予定されている。万葉の時代からの名所である和歌の浦を訪れる人は、近年、増加の一途である。


和歌浦地区では、名勝和歌の浦の自然・歴史・文化を守るため、平成2410月、名勝和歌の浦 玉津島保存会をたちあげ、月1回の文化財講座を開催し、その成果を書籍・『文化財担当者と学ぶ名勝和歌の浦』としてまとめ、市販するとともに、県内の図書館・県立高校・和歌山市の中学校・大学に無償配布した。名勝和歌の浦を活用するため四季折々に、各団体と協力して、春には『名勝和歌の浦 桜まつり』、橋の日には、不老橋でのラジオ体操と清掃活動、秋には『名勝和歌の浦 観月会 竹燈夜IN妹背山』を実施し、多くの市民に楽しんでもらっている。また、市民で和歌の浦を美しくとの思いで、月2回、名勝和歌の浦クリーンアップ隊による名勝和歌の浦指定地及び周辺部の清掃活動を、平成235月より活動している。


c0367107_14575959.jpg


[PR]
by tamatusima | 2018-05-17 00:01 | 名勝和歌の浦
line

名勝和歌の浦の自然・歴史・文化の情報発信


by tamatusima
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー