名勝和歌の浦 玉津島保存会

wakanoura.exblog.jp ブログトップ

2018年 01月 14日 ( 1 )

奠供山



紀州藩の学者、仁井田好古により、聖武天皇が和歌の浦干潟を見た場所と価値づけられた奠供山です。写真は、明治43、44年の奠供山(藤本清二郎『和歌の浦百景』より)です。市町川を挟んで、昇降機が見えます。奠供山は、江戸時代は紀州藩により、明治期からは和歌山県により和歌公園として守られ、現状を一切変えることなく、現在まできています。名勝和歌の浦の骨格となる妹背山、奠供山、鏡山などは、和歌山県により、守られています。






[PR]
by tamatusima | 2018-01-14 00:01 | 名勝和歌の浦
line

名勝和歌の浦の自然・歴史・文化の情報発信


by tamatusima
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー