名勝和歌の浦 玉津島保存会

wakanoura.exblog.jp ブログトップ

2017年 06月 02日 ( 1 )

和歌の浦干潟 多彩な底生動物

和歌川河口域から底生動物281種、硬骨魚類58種(うち貴重種37種)の生息が確認されたことになる。281種がいかに多い数かを理解するために他の著名な干潟と比較してみよう。東京湾最大の小櫃川河口干潟(盤州干潟:面積約800ha)に生息する底生動物が約70種、ラムサール条約に登録されている名古屋の藤前干潟(面積約250ha)が約130種である。それに対し和歌川河口干潟は約35ha とこれら2つの干潟と比べてかなり小さいにも拘わらず281種も生息している。底生動物相の豊かさにかけては全国屈指といっても過言ではないだろう。古賀庸憲「第3節 和歌川河口干潟の範囲とそこに生息する底生動物」『和歌の浦の学術調査報告書』平成22年2月より

c0367107_15063456.jpg

c0367107_15063947.jpg
c0367107_15081384.jpg
親子の干潟観察会です。多様な生物が生きています。


[PR]
by tamatusima | 2017-06-02 00:01 | 和歌浦干潟
line

名勝和歌の浦の自然・歴史・文化の情報発信


by tamatusima
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー