人気ブログランキング |

名勝和歌の浦 玉津島保存会

wakanoura.exblog.jp ブログトップ

名勝和歌の浦

神亀元年(724)、聖武天皇は、和歌の浦の景観に深く感動し、弱浜を明光浦と改め、春秋2回、官人を遣わし玉津島の神、明光浦の霊を祀った。同行した山部赤人は、「若の浦に 潮満ちくれば 潟を無み  芦辺をさして 鶴鳴き渡る」と詠む。この短歌に端を発し、和歌の浦は都に住む歴代天皇や貴族にとって憧れの海の景勝地となり、和歌の歌枕として広く知られるようになった。さらに平安時代からは、伽羅岩と呼ぶ岩肌が木理のような岩と松の緑に彩られた奠供山・鏡山・妹背山など6つの島嶼から成る玉津島の形姿は、伸びつつあった片男波の砂嘴や干潟と共に多くの人々を惹きつけた。

文章は、和歌山県文化遺産活用活性化委員会作成の小冊子、文化財マップより引用。



妹背山、鏡山、奠供山、雲蓋山、妙見山、船頭山の六つの島です。御手洗池は、和歌の浦干潟が天満宮の下まで入り込み、その痕跡の池です。現在は、妹背山だけが島です。
和歌山市博物館 『和歌浦』より


和歌の浦干潟を見守る山部赤人歌碑。昭和28年建立です。


by tamatusima | 2018-01-31 00:01 | 名勝和歌の浦
line

名勝和歌の浦の自然・歴史・文化の情報発信


by tamatusima
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー