人気ブログランキング |

名勝和歌の浦 玉津島保存会

wakanoura.exblog.jp ブログトップ

お盆

釈迦の十代弟子、目蓮(もくれん)の母が死後、餓鬼の世界に墜ち、逆さ吊りの責め苦にあっていました。目連は、釈迦の教えにより、7月15日に食べ物を供して僧を供養し、その功徳により母を救いました。盆踊りは、もとは魂鎮めの舞踏だったといい、室町時代に広まります。「一重つんでは父のため 二重つんでは母のため 兄弟我が身と回向して 昼はひとりで遊べども 日も入りあいのそのころに 地獄の鬼が現れて つみたる塔をおしくずす」
by tamatusima | 2016-08-14 00:01
line

名勝和歌の浦の自然・歴史・文化の情報発信


by tamatusima
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー