名勝和歌の浦 玉津島保存会

wakanoura.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

玉津島神社の桜

年末の29日、玉津島神社の桜の手入れをしました。鳥居横の2本の桜が衰退しているのでその回復作業です。
c0367107_12184406.jpg
c0367107_12184994.jpg
c0367107_11530130.jpg
c0367107_11530737.jpg
まず穴をあけます。
c0367107_12025151.jpg
対角線上に2個、桜の周囲に入れます。空気が土の中に入るためだそうです。桜も呼吸します。
c0367107_11531319.jpg
ピートモス、完熟たい肥を入れて、栄養素とします。
c0367107_11531964.jpg
c0367107_11520989.jpg
桜の勢いが回復するどうか、楽しみです。
c0367107_12042170.jpg
4本、平成18年12月に植えられた根上松の砂を少し取りました。
c0367107_12040079.jpg
c0367107_16415626.jpg
和歌山市から玉津島神社が頂いた桜の苗木を2本植えました。計4本です。
c0367107_11534353.jpg
更に玉津島神社に美しく咲くアジサイを一気に切りました。再来年に咲くそうです。
c0367107_12045152.jpg
枯れた桜の木から2本の新芽がでました。植え替えてまた桜が楽しめます。
c0367107_17015865.jpg
c0367107_11533889.jpg
根上松もり立派に育っています。
c0367107_11521505.jpg
おみくじをくくる竹製品も機能しています。おみくじをくくり、下に落ちれば御利益があります。
c0367107_12042719.jpg
カマキリだそうです。保井知識。
c0367107_16421274.jpg
c0367107_16405873.jpg
玉津島神社に住み着いた玉ちゃん。挨拶をします。

今年も一年終わりました。また来年一年頑張ります。
c0367107_12185690.jpg
c0367107_12190413.jpg
c0367107_12191830.jpg
c0367107_12191050.jpg
c0367107_16433459.jpg



[PR]
by tamatusima | 2016-12-31 00:01 | 玉津島神社・塩竈神社

水軒の浜に松を植える会

水軒の浜に松を植える会も28日で終了です。チーンソーの手入れをして、本年も終了しました。29日は、朝から玉津島神社の桜の手入れです。

c0367107_12402414.jpg
c0367107_12403005.jpg
30度の角度で磨きます。よく切れる。
c0367107_12403685.jpg
c0367107_12393799.jpg
鋸の歯も研ぎます。使う道具は自分で手入れ。


[PR]
by tamatusima | 2016-12-30 00:01 | 水軒の浜に松を植える会

名勝和歌の浦 冬

名勝和歌の浦に癒されて今年も終わりです。冬の季節。

c0367107_16182351.jpg
c0367107_16190585.jpg
c0367107_16173788.jpg
c0367107_16181784.jpg
c0367107_16172029.jpg
c0367107_12465064.jpg
c0367107_12464292.jpg
c0367107_12470068.jpg


[PR]
by tamatusima | 2016-12-29 00:01 | 名勝和歌の浦

昭和38年 和歌山県初詣案内

初もうでの案内です。橋本市隅田八幡宮、高野町高野山、和歌山市玉津島神社、伊太祈曽神社、紀三井寺、田辺市闘鶏神社、新宮市速玉神社、那智勝浦町那智大社です。
玉津島神社は、
1日は歳旦祭、
2日は和歌山かるた会主催の新春かるた大会、和歌山邦謡会による謡曲奉納祭
3日は新年献歌祭

です。
c0367107_16364578.jpg
昭和42年12月28日 朝日新聞和歌山版 

[PR]
by tamatusima | 2016-12-28 00:01 | 名勝和歌の浦

和歌ノリ

c0367107_16383579.jpg
昭和38年12月27日 朝日新聞和歌山版

[PR]
by tamatusima | 2016-12-27 00:01 | 和歌の浦の名産

水軒公園 水軒の浜に松を植える会

現在、和歌山市は県史跡水軒堤防を公園化するため、その基本構想をコンサルに委託しながら進めています。公園をどのような公園にするのか、いま、基本構想のワーキング会議が行われている。
水軒の浜に松を植える会は、9年間、不法占拠や大型ごみの処理をするため、水軒堤防の管理を実施してきました。思い出してください。不法占拠の家が多数ある場所、大型ごみが捨てられた場所、草・樹木が密集し、入るのも怖い場所、それが水軒堤防でした。その場所を道がつくられることで発掘調査し、南端・中央部・北端を調査し、その全容を解明し、全国で類例のない初めての江戸時代の石積みと土で作られた堤防であることが解明されました。


水軒堤防の北端、花王の東には中央卸売市場・和歌山港があります。和歌山港に大型クルージング船が来る構想、市場に道の駅をつくる構想、南端に名勝養翠園をもつ水軒堤防の横をサイクリング道路が通る構想、その道が雑賀崎や名勝和歌の浦に行きます。この中で、水軒堤防が持つ価値がどのようなものか、県史跡でありすぐに国史跡になる全国で類例のない石積みの堤防であること、一部を見せれば、国史跡和歌山城と同等の価値を持ちます。史跡和歌山城ー史跡水軒堤防ー名勝養翠園ー県史跡雑賀崎台場ー史跡名勝和歌の浦・紀州東照宮のすべてを江戸時代でくくることができます。
 また、海に面した和歌山県には、砂で作られた堤防、国史跡広村堤防があります。全国で初めて和歌山県が二つの国史跡の堤防を持つのです。地域資源として国史跡の位置づけを持つ水軒堤防、何よりも国史跡とすれば、その価値がわかりやすい。

1.県史跡水軒堤防の価値
 ①県史跡水軒堤防の内容 全国で類例がない規模・内容
 ②国史跡 文化庁主任担当官(埋蔵・史跡) 境界画定・不法占拠の撤去・学術的     
   確定(印刷物の報告書刊行)・500分の1の図面作成・所有者管理者の同意
 
平成173月、水軒堤防発掘調査が行われた。水軒堤防は、名勝
養翠園から北側に延びる砂丘上に造られた堤防で、朝比奈段右衛門(隠号水軒)により江戸時代前期に造られたとの伝承をもつ。調査により、南端・中央部・北端を調査し、その全容を解明し、全国で類例のない初めての江戸時代の石積みと土で作られた堤防であることが解明されました。水軒堤防は石堤とその背後の土堤で構成されており、石堤の高さが約4m、土堤の高さが約5mで、南北約1kmに及ぶ大規模な堤防であり、江戸時代中期、18世紀後半頃に造られたことがわかった。これだけほどの規模を持ち、精緻な石積みで作られた堤防は、全国どこにもない。紀州御三家の石工の技術力の高さが評価され、現状の県史跡から国史跡への昇格は、文化庁技官も確実とのこと。条件は、指定範囲の関係から、官民境界の確定、不法占拠の撤去である。今、公園整備が和歌山市により進んでいるが、不法占拠は県が実施し完了、境界画定は、あと2年程度の確定とのことである。

c0367107_16471872.jpg
明治の地図 大阪湾南部は、砂浜が続く。水軒の浜まで砂浜が続き、その後、青石の勇壮な雑賀崎を経て、和歌の浦の片男波に来ます。水軒の砂浜、吹上浜は、その勇壮さで有名でした。
c0367107_16471334.jpg









国史跡になれば、史跡としての整備に関しては、国から2分の1の補助がでます。国史跡となり、水軒堤防の公園整備に文化庁の補助金を使えば、和歌山市からは1000万円で2000万円の整備ができるようになります。南端部の堤防部分を見せるようにできれば、人が目にできると、説明版で見せるとでは大違いです。この部分を見せるようにすること、水軒堤防の公園整備の必須です。

c0367107_16480143.jpg

c0367107_16475575.jpg

c0367107_16491186.jpg
今年も最後のクリーン大作戦終了です。

[PR]
by tamatusima | 2016-12-26 00:01 | 水軒の浜に松を植える会

名勝和歌の浦 和歌の浦干潟

c0367107_12190578.jpg
c0367107_12180062.jpg
夕方の和歌の浦干潟です。散歩しながら各方向から和歌の浦干潟が見ることができます。美しい。

[PR]
by tamatusima | 2016-12-25 00:01 | 和歌浦干潟

玉津島神社 おみくじ

保井さん、下村さんと玉津島神社のおみくじを結ぶ道具を作りました。桜の木に結ぶため、樹木の生長に影響があるためです。


c0367107_07460875.jpg
c0367107_07485997.jpg
保井さんの専門的な大工道具
c0367107_07502980.jpg
芯になる角材を何度も機械によりカンナ削りを行います。
c0367107_07493494.jpg
玉津島神社の竹でカバーします。玉津島神社の竹は真竹です。竹は、タケノコが出る時期に下から揺さぶれば、先端部が落ちるそうです。また、竹は一番下よりも中央部のほうが太いそうです。保井知識。
c0367107_07470216.jpg
c0367107_07382826.jpg
できました。上の竹は、両端が節があるように探しました。また左を竹の上の方、右は下の方にするそうです。保井知識。
今年の正月に活躍します。

[PR]
by tamatusima | 2016-12-24 00:01 | 玉津島神社・塩竈神社

布引大根

布引大根、今最盛期です。ブランド品です。




c0367107_13124074.jpg
c0367107_13124792.jpg

[PR]
by tamatusima | 2016-12-23 00:01 | その他

千葉県落花生 

千葉県に帰られた小川さんから千葉県自慢の落花生を頂きました。封を切った段階で落花生のにおい。美味しい。日頃食べている落花生と大違いです。さすがブランドです。ありがとうございます。

c0367107_15290595.jpg


[PR]
by tamatusima | 2016-12-22 00:01 | その他