名勝和歌の浦 玉津島保存会

wakanoura.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:その他( 134 )

世界遺産 浄土真宗 本願寺 

世界遺産 浄土真宗本願寺です。御影堂、阿弥陀堂、国宝です。敷地は、国史跡です。

今、第25世専如門主が平成26年6月6日法義の伝統を継承し、門主になられました。そのことを阿弥陀如来と親鸞聖人に奉告する法要です。昨年10月1日から全国から法要を喜ぶ門徒が、毎日2500人、来られます。ありがたいことです。

「うけつぐ法灯 伝えるよろこび」がスローガン。

「如来大悲の恩徳は、身を粉にしても奉ずべし 師主知識の恩徳も ほねをくだきても謝すべき」恩徳讃が本願寺に響きます。

文化財担当者と学ぶ名勝和歌の浦 武内さんの論文『和歌浦と雑賀宗』。

松木書店。073-444-0014 玉津島神社073-0472 で販売中。問い合わせ しぶや 073-447-2660。

和歌浦の門徒は、果敢に本願寺が信長と戦った時、死を賭して、傭兵ではなく、自らの本願寺の部隊として、戦ったのです。大名でない、利害でない、阿弥陀如来が救うと、一切の凡夫の悩みを救うと、南無阿弥陀仏と唱えれば、救うとその教えを信じ、本願寺と共に戦ったのです。私たち、和歌浦の門徒は、その歴史を持っています。単なる言葉ではなく、実践した門徒としての歴史を持っているのです。名勝和歌の浦。多彩な歴史を持ちます。重層して歴史が積み上げられているのです。


c0367107_19382650.jpg
c0367107_19384051.jpg
c0367107_19392450.jpg
c0367107_19385143.jpg

c0367107_19435067.jpg

[PR]
by tamatusima | 2017-04-22 00:01 | その他

穀雨

花々が咲き乱れ、緑が眩しい季節。大地を潤す雨は、田畑にとって恵みの雨です。これを穀雨といいます。藤の花が見頃です。
一方、八十八夜の別れ霜というように、遅霜の現れる時候で、農家にとって油断のならない時期です。八十八夜とは、立春から数えて八十八日目という意味で、茶摘みを始める目安とされます。

c0367107_18303899.jpg
c0367107_18305274.jpg
1時間で潮が満ちてきました。和歌の浦干潟。

[PR]
by tamatusima | 2017-04-20 00:01 | その他

ラーメン

c0367107_17575538.jpg
c0367107_08294216.jpg

月に一度は、和歌山ラーメン。美味しい。
c0367107_12022624.png

[PR]
by tamatusima | 2017-04-14 00:01 | その他

讃岐うどん 

南海フェリーに乗って四国に行きました。讃岐うどんを食べました。
c0367107_19252338.jpg
c0367107_19254811.jpg
c0367107_19255470.jpg
c0367107_19261239.jpg
c0367107_19260602.jpg
c0367107_19263256.jpg
c0367107_19263763.jpg
c0367107_19271641.jpg
c0367107_19264413.jpg
c0367107_19265980.jpg
c0367107_19265306.jpg
和歌山市~南海フェリー~徳島市~海沿いに高松市~高速で徳島市~和歌山市です。春の一日、小さい旅行を楽しみました。
c0367107_18175677.jpg
c0367107_18175069.jpg
4月13日 木曜日 11時から玉津島神社 例祭です。「皆様ご参拝くださいませ」。


[PR]
by tamatusima | 2017-04-12 00:01 | その他

春の贈り物

c0367107_16401716.jpg
c0367107_16460025.jpg
c0367107_16173029.jpg

春、自然からの贈り物。美味しい。楽しい。

[PR]
by tamatusima | 2017-03-29 00:01 | その他

下田 黒船来航

c0367107_18051401.jpg
c0367107_18052065.jpg
c0367107_18052676.jpg
c0367107_18053544.jpg
c0367107_18054150.jpg
c0367107_18054751.jpg
c0367107_18055095.jpg
c0367107_18055725.jpg
c0367107_18060839.jpg
c0367107_18061668.jpg
c0367107_18062081.jpg
c0367107_18062914.jpg
下田市です。ペルーが来航した町です。激動した幕末期~明治初期。ここ下田を舞台に日本史が形成されました。また三島由紀夫が滞在して、小説を書いた街だそうです。


[PR]
by tamatusima | 2017-03-25 00:01 | その他

東日本 復興

c0367107_18265333.jpg
c0367107_18270115.jpg
c0367107_18271387.jpg
白砂青松の会に参加した時、販売されていました。美味しい鯨の缶詰、ふりかけです。おの君も復興参加。
c0367107_12022624.png

[PR]
by tamatusima | 2017-03-24 00:01 | その他

静岡県 城ケ崎

c0367107_18000163.jpg
c0367107_18032452.jpg
c0367107_17595721.jpg
c0367107_18000712.jpg
c0367107_18001497.jpg
城ケ崎です。初めて行きました。太平洋が一望できます。火山の噴火によりできた景観です。

[PR]
by tamatusima | 2017-03-18 00:01 | その他

啓蟄(けいちつ)

本日から春分までの期間。雨水から数えて15日目頃。

啓は「ひらく」、蟄(ちつ)は「土中で冬ごもりしている虫」の意味で、大地が暖まり冬眠していた虫が、春の訪れを感じ、穴から出てくる頃。菰(こも)はずしを啓蟄の恒例行事にしているところが多い。一雨ごとに気温が上がり、日差しも徐々に暖かくなってきます。八百屋さんの店先に山菜が並び始めます。旬の食材で春の訪れを味わいましょう。

3月3日の片男波からのだるま夕日です。神秘的。3月3日と10月10日の前後に2,3日に現れます。片男波海岸の対岸に四国があり、水平線ではなく山に沈むが、3月3日と10月10日の前後2、3日は、吉野平野に日が落ちるため、平野部が水平線の湾曲に隠れ、海に沈むように見えるそうです。

c0367107_18422249.jpg
c0367107_18421954.jpg
c0367107_18415848.jpg
c0367107_18420946.jpg


[PR]
by tamatusima | 2017-03-05 00:01 | その他

ひな祭り 桃の節句

ひな人形を飾って女の子の健やかな成長を祝います。中国では、3月の最初の巳の日に上巳の節句に水辺で身の汚れを清めて厄払いする風習がありました。遣唐使が
その文化を持ち帰り、紙や草で人形を作って体をなでて、穢れを人形に移し、川に流すことで身を清める「流しびな」の行事になりました。江戸時代に女子にふりかかる災難の身代わりになってもらうお守りとして、ひな人形を飾るようになりました。
c0367107_17151790.jpg

ひな人形、桃の花、ひなあられ、ひし餅、ちらし寿司など華やかな彩を楽しめるたのしい祭りです。
[PR]
by tamatusima | 2017-03-03 00:01 | その他
line

名勝和歌の浦の自然・歴史・文化の情報発信


by tamatusima
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー