名勝和歌の浦 玉津島保存会

wakanoura.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:その他( 132 )

夏至

夏至、6月21日です。芒種から数えて15日目頃。一年で、昼間が最も長く、夜が最も短い日。夏至と比較すると、昼間の時間差は4時間以上。暦の上では夏季の真ん中にあたりますが、実際には梅雨の真っ盛りで、農家では田植えに繁忙を極める頃。暑さのピークは1カ月ほど先になります。


c0367107_11561758.jpg
c0367107_11560913.jpg
c0367107_11563994.jpg
c0367107_11563135.jpg
c0367107_11562457.jpg
田ノ浦。豆アジ、イワシ、釣れています。


[PR]
by tamatusima | 2017-06-21 00:01 | その他

布引 毛見


c0367107_12001180.jpg
c0367107_12001922.jpg
c0367107_12002834.jpg
c0367107_11593161.jpg
c0367107_11592358.jpg
c0367107_11594042.jpg
布引では、ニンジン、新生姜の最盛期。


[PR]
by tamatusima | 2017-06-19 00:01 | その他

芒種

6月5日、この日から夏至の前日までの期間を言います。小満から数えて15日目頃。芒が、イネ科の植物をさし、稲や麦の種を植える時期を芒種と言います。芒種は、初夏らしさから蒸し暑さを感じる時期になり、同時に梅雨入りもする頃です。旧暦では五月を指していたので、この時期の雨を五月雨(さみだれ)、雨の合間に晴れることを五月晴れ(さつきばれ)と呼んだりします。紫陽花が咲き、梅の実が青から黄色に色付き、百舌鳥が鳴き始めるのも芒種の時期あたりと言われています。梅雨は、梅の実が熟す時期に降る雨とのことです。芒種の時期には多彩な生命が息吹き、命の輝き、躍動を見せてくれます。
c0367107_18261414.jpg
c0367107_18264197.jpg
c0367107_18264865.jpg
c0367107_18265461.jpg
c0367107_17565792.jpg
c0367107_17562104.jpg
c0367107_17560523.jpg
c0367107_17555841.jpg
c0367107_17561472.jpg
スイカ、トマト、キュウリの季節です。



[PR]
by tamatusima | 2017-06-05 00:01 | その他

小満

小満は、本日、5月21日。 および芒種、6月21日までの期間。
立夏5月5日から数えて15日目頃。

陽気が良くなって、万物の成長する気が次第に長じて天地に満ち始めることから小満といわれています。


c0367107_17233026.jpg
c0367107_17202637.jpg
c0367107_17200598.jpg


[PR]
by tamatusima | 2017-05-21 00:01 | その他

近郊の農地 布引

c0367107_17031993.jpg
c0367107_17033716.jpg
c0367107_17034266.jpg
布引では、大根とニンジンが作られています。
c0367107_17035408.jpg
干潟を見て自転車道を走ります。


[PR]
by tamatusima | 2017-05-18 17:02 | その他

立夏  文化財担当者と学ぶ名勝和歌の浦 書籍好評発売中

穀雨から数えて15日目頃。八十八夜の3、4日後。春分と秋分のちょうど中間にあたります。
暦の上での夏の始まり。この日から立秋の前日までが夏季になります。
c0367107_17193074.jpg
c0367107_17194019.jpg
c0367107_08070323.png
5月3日 産経新聞に「文化財担当者と学ぶ名勝和歌の浦」書籍、掲載されました。

[PR]
by tamatusima | 2017-05-05 00:01 | その他

タケノコとわらび

タケノコ、ワラビ、近所からおすそわけです。スーパーでもみるようになりました。

c0367107_10125224.jpg
c0367107_10124586.jpg
c0367107_12320624.jpg


[PR]
by tamatusima | 2017-04-27 00:01 | その他

世界遺産 平等院

永承7年(1052)、時の関白藤原頼通が、父 道長より譲り受けた別業を仏寺に改め、平等院としました。この年は末法初年に当たるとされ、末法思想が貴族や僧侶らの心をとらえ、極楽往生を願う浄土信仰が社会の各層に広く流行していました。その翌年の天喜元年(1053)には阿弥陀堂(鳳凰堂)が落慶し、堂内には、平安時代の最高の仏師定朝によって制作された丈六の阿弥陀如来坐像が安置され、華やかさを極めたとされています。約1000年前に建立された建造物や仏像が今に伝えられ、世界遺産にも登録されております。
平等院 HPより

平等院です。この世に極楽浄土を作り上げた平等院。美しい。
c0367107_19242254.jpg
c0367107_19240009.jpg
c0367107_19245466.jpg
c0367107_19242923.jpg
すべての人を救う阿弥陀如来が安置されています。今も、これからも凡夫である人々を救います。

c0367107_19244728.jpg
c0367107_19250443.jpg
宇治茶のソフトクリーム。
c0367107_19253693.jpg
c0367107_19252611.jpg
c0367107_19354091.jpg
昼食は少し豪華に。


[PR]
by tamatusima | 2017-04-23 12:34 | その他

世界遺産 浄土真宗 本願寺 

世界遺産 浄土真宗本願寺です。御影堂、阿弥陀堂、国宝です。敷地は、国史跡です。

今、第25世専如門主が平成26年6月6日法義の伝統を継承し、門主になられました。そのことを阿弥陀如来と親鸞聖人に奉告する法要です。昨年10月1日から全国から法要を喜ぶ門徒が、毎日2500人、来られます。ありがたいことです。

「うけつぐ法灯 伝えるよろこび」がスローガン。

「如来大悲の恩徳は、身を粉にしても奉ずべし 師主知識の恩徳も ほねをくだきても謝すべき」恩徳讃が本願寺に響きます。

文化財担当者と学ぶ名勝和歌の浦 武内さんの論文『和歌浦と雑賀宗』。

松木書店。073-444-0014 玉津島神社073-0472 で販売中。問い合わせ しぶや 073-447-2660。

和歌浦の門徒は、果敢に本願寺が信長と戦った時、死を賭して、傭兵ではなく、自らの本願寺の部隊として、戦ったのです。大名でない、利害でない、阿弥陀如来が救うと、一切の凡夫の悩みを救うと、南無阿弥陀仏と唱えれば、救うとその教えを信じ、本願寺と共に戦ったのです。私たち、和歌浦の門徒は、その歴史を持っています。単なる言葉ではなく、実践した門徒としての歴史を持っているのです。名勝和歌の浦。多彩な歴史を持ちます。重層して歴史が積み上げられているのです。


c0367107_19382650.jpg
c0367107_19384051.jpg
c0367107_19392450.jpg
c0367107_19385143.jpg

c0367107_19435067.jpg

[PR]
by tamatusima | 2017-04-22 00:01 | その他

穀雨

花々が咲き乱れ、緑が眩しい季節。大地を潤す雨は、田畑にとって恵みの雨です。これを穀雨といいます。藤の花が見頃です。
一方、八十八夜の別れ霜というように、遅霜の現れる時候で、農家にとって油断のならない時期です。八十八夜とは、立春から数えて八十八日目という意味で、茶摘みを始める目安とされます。

c0367107_18303899.jpg
c0367107_18305274.jpg
1時間で潮が満ちてきました。和歌の浦干潟。

[PR]
by tamatusima | 2017-04-20 00:01 | その他
line

名勝和歌の浦の自然・歴史・文化の情報発信


by tamatusima
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー