名勝和歌の浦 玉津島保存会

wakanoura.exblog.jp ブログトップ

名勝和歌の浦 夏

c0367107_16291388.jpg
c0367107_16431417.jpg
c0367107_16432127.jpg

c0367107_16283020.jpg
c0367107_16282368.jpg
c0367107_16281504.jpg
c0367107_16275658.jpg
c0367107_16274667.jpg
c0367107_16265826.jpg
c0367107_16425802.jpg
c0367107_16433707.jpg
c0367107_16434528.jpg

2017年7月19,20日 夏の名勝和歌の浦

[PR]
# by tamatusima | 2017-07-21 00:01 | 名勝和歌の浦

名勝和歌の浦クリーンアップ 和歌浦天満宮

c0367107_16204840.jpg
梅雨が明けました。夏です夏。
c0367107_14320061.jpg

[PR]
# by tamatusima | 2017-07-20 00:01 | 名勝和歌の浦クリーンアップ

水軒の浜に松を植える会 水軒堤防から花火をみよう 最後です。

c0367107_19285230.jpg
7月23日、水軒の浜に松を植える会、最後の水軒堤防から花火を見ようです。この10年間、いろいろな事がありました。毎日、時間をかけて整備をして、今日まで来たこと、奥津さんを中心とした多くの人のおかげです。水軒の浜に松を植える会、多くの人が関わりました。歴史として語り継がれるでしょう。和歌山市民として誇りです。
c0367107_19291131.jpg
ここが最も花火が見える場所。来年は植樹した松が成長し、花火が見えなくなります。時間の経過です。大きく育て水軒の松。
c0367107_19293520.jpg
c0367107_19292592.jpg
水軒堤防南端も草刈進行中。忙しくなりました。名勝和歌の浦も大変です。


[PR]
# by tamatusima | 2017-07-19 00:01 | 水軒の浜に松を植える会

荒川の桃

c0367107_14302569.jpg
c0367107_14303740.jpg
美味しい桃です。荒川の桃。


[PR]
# by tamatusima | 2017-07-18 00:01 | その他

水軒の浜に松を植える会 堤防の草刈り

暑い日々、梅雨はあがったのでしょうか。日陰のない水軒堤防。暑いです。倒れます。

c0367107_14305670.jpg
c0367107_14310594.jpg
c0367107_14320236.jpg
c0367107_14321779.jpg
c0367107_14323699.jpg
c0367107_14311705.jpg

[PR]
# by tamatusima | 2017-07-17 00:01 | 水軒の浜に松を植える会

トンガの鼻自然クラブ 雑賀崎台場草刈り

第2土曜日は、トンガの鼻自然クラブの活動日です。雑賀崎台場の草刈り、暑い中、大変です。日常的な管理、ここが肝心です。15周年を迎えるトンガの鼻自然クラブ。地道に活動してきた成果です。松川夫婦のおかげです。


c0367107_14332106.jpg
c0367107_14333329.jpg
c0367107_14340092.jpg
c0367107_14340727.jpg
c0367107_14341560.jpg
c0367107_14345919.jpg
c0367107_14373509.jpg
c0367107_14384217.jpg
c0367107_14372710.jpg

c0367107_14350716.jpg
c0367107_14351407.jpg
c0367107_14352372.jpg

[PR]
# by tamatusima | 2017-07-16 00:01 | トンガの鼻自然クラブ

昭和の新和歌浦 

c0367107_10073302.png

林直道「新和歌浦と蓬莱岩」。昭和です。
[PR]
# by tamatusima | 2017-07-15 00:01 | 新和歌浦

日本遺産 絶景の宝庫 和歌の浦4

4.和歌の浦十景にみる、うたわれ絵になる絶景
和歌浦十景は、干潟と玉津島を中心として、様々な方向からうたわれ絵になってきた和歌の浦の風景の広がりを教えてくれる。南の藤白坂を登れば、北には万葉集にうたわれた黒牛潟、和歌の浦、雑賀崎から、はるか淡路島・四国まで変化に富んだ絶景が広がる。万葉の時代にここで処刑された悲劇の皇子・有間皇子が最後に見たのは、紅葉に彩られた峠越しの和歌の浦の海であった。そして熊野参詣の貴族たちが、都から山道が続く紀伊路で初めて海を望める所として、和歌の浦をながめながら歌会や舞楽を催もよおした。干潟の東、夕陽をあびて満潮の水面に映える名草山の中腹には、西国三十三所巡礼の第二番札所・紀三井寺がある。かつて俳聖・松尾芭蕉は過ぎゆく春の名残りを求めて和歌の浦を訪れた。春、この境内には桜が咲き誇り、西をながめれば春霞の干潟に玉津島の岩山が並ぶ。和歌の浦一円の鎮守であり、文芸の神をまつる和歌浦天満宮が鎮座する天神山は、和歌の浦の北西、入り江の最も奥にそびえている。色彩豊かな社越しに入り江を見下ろせば、緑濃い松林と石橋の間に釣り舟が見えかくれし、風景の一部のような人々の営みが目に映る。和歌にうたわれ、和歌の文化を育み、芸術の源泉となった和歌の浦。この地は、うたわれ絵になる絶景の宝庫として人々を魅了し続けている。

c0367107_07411793.jpg





[PR]
# by tamatusima | 2017-07-14 00:01 | 名勝和歌の浦

昭和31年 新観光地図

新観光地図(昭和31年発行)の裏に掲載されている「和歌の浦・新和歌浦」の地図
c0367107_10101158.png

万波から三断橋までの区間、不老館まで和歌浦、新和歌浦です。
観光案内所が明光通りを降りた場所、丸濱にあります。

7月12日 水曜日 名勝和歌の浦
c0367107_19085111.jpg
多くの人が訪れます。日本遺産 絶景の宝庫「和歌の浦」の効果でしょうか。
c0367107_19085781.jpg
c0367107_19090446.jpg
c0367107_19093126.jpg
c0367107_19094822.jpg
c0367107_19095734.jpg
c0367107_19100611.jpg



[PR]
# by tamatusima | 2017-07-13 00:01 | 新和歌浦

日本遺産 絶景の宝庫 和歌の浦3

3.天下人や藩主もほれこんだ、和歌の浦の絶景
中世末、豊臣秀吉は、紀州攻めの際に古来の景勝・和歌の浦を遊覧し、その名にちなんで北方の岡山に建てた城を和歌山城とし、その城下が和歌山とよばれるようになった。こうして「和歌」の名は、現在の県名にまで引きつがれ、和歌山の誇りとなっている。400 年前の江戸時代、徳川家康の十男頼宣が和歌山へ入国すると、和歌の浦の北西にそびえる権現山に父家康をまつる東照宮を、干潟に浮かぶ妹背山に母お万の方をしのぶ多宝塔を建てた。そして妹背山に三断橋をかけて観海閣を設け、干潟の移ろいを楽しむ場として民衆に開放した。また東の対岸、紀三井寺からの渡し舟で、西国巡礼の旅人を和歌の浦へと誘なった。頼宣が始めた紀州東照宮の例大祭・和歌祭では、和歌の浦を背景に渡御(とぎょ)行列が練り歩あるき、民衆も楽しんだ。名所に民衆が自由に集い楽しむ場が設けられたのは、和歌の浦が始まりである。また和歌の浦の景勝をいかして、優れた庭園が造られた。紀州藩主随一の文化人・10 代藩主徳川治宝が、西の高津子山を借景として造園した養翠園は、江戸の浜離宮と同じく珍しい潮入りの大名庭園である。園内には茶室を設け、和歌の浦をかたどった菓子や茶器もつくられた。南東の琴ノ浦では、近代になって温山荘庭園が築かれた。和歌の浦を見下ろす船尾山を借景とした池泉回遊式の庭園には、皇族や大臣も訪れ、関西を代表する名園となっている。
c0367107_20163567.jpg
c0367107_20181819.jpg
c0367107_20171936.jpg



[PR]
# by tamatusima | 2017-07-12 00:01 | 名勝和歌の浦

日本遺産 絶景の宝庫 和歌の浦2

2.和歌の聖地 和歌の浦の誕生
1300 年前の奈良時代、聖武天皇は、即位の年という特別な機会に、当時「若の浦」と記されたこの地を訪れた。遠くに名草山を望み、目の前で刻々と変化する干潟の広がりと、そのなかで沖に向かって連なる玉津島山のながめに感動し、この地の神・明光浦霊に祈りをささげ、そしてこの景色を末永く守るよう命じた。歌聖・山辺赤人の「若の浦に 潮満ちくれば潟を無み 葦辺を指して鶴鳴き渡る」(若の浦に潮が満ちて干潟が見えなくなり、干潟にいた鶴が一斉に飛び立ち、葦のはえる岸辺へ鳴きながら飛んでいく)という、躍動感あふれる情景を見事に描きだした歌が、その時の天皇の感動を表している。この歌が平安時代、紀貫之により和歌の聖典といわれる『古今和歌集』で改めて取り上げられたことが、「若の浦」が和歌の聖地となる第一歩であった。「若」の浦が転じて「和歌」の浦となり、美しさが衣を通して輝いたという和歌の名人・衣通姫・そとおりひめが和歌の神として玉津島にまつられ、和歌の聖地として崇められたのである。古代から中世にかけて、時の関白・大臣までもが、熊野参詣や西国巡礼の道すがら、名高い和歌の浦を観光し、また和歌や物語など様々な文芸作品に取りあげていった。この和歌の浦に象徴された和歌の世界は、玉津島の神をまつり、六義園のような和歌の浦を模した庭園を造ることで、京や江戸にも広がっていった。文化人たちは和歌の浦にあこがれ続けてきたのである。




c0367107_13095931.jpg
すべての原点は、紀ノ川河口部であった和歌の浦の土地そのものです。交通の要衝である紀ノ川の河口部。その場所が美しい、神聖な場所と聖武天皇が訪れる以前から人々に認識されていた。その聖なる場所が玉津島神社なのです。また、全国で唯一の和歌の聖地としても有名なのです。ここがすべての原点なのです。名勝和歌の浦の中核、日本遺産「絶景の宝庫 和歌の浦」の核、物語の始まりは、玉津島神社から始まります。


[PR]
# by tamatusima | 2017-07-11 00:01 | 名勝和歌の浦

日本遺産 絶景の宝庫 和歌の浦

日本遺産 絶景の宝庫 和歌の浦のストーリーが和歌山市から広報されてます。

1.芸術を育んだ絶景 和歌の浦
和歌の浦は、和歌川の河口に広がる干潟を中心に、南は熊野古道の藤白坂から、西は紀伊水道に面する雑賀崎までの、和歌浦湾を取り巻く景勝の地である。万葉の時代にこの思わず持ち帰りたいほどの情景が和歌にうたわれ、和歌の神がまつられ、唯一無二の和歌の聖地となった。その情景が和歌と絵画に融合した和歌の浦十景は、潮が満ち干潟から鳥が飛び立つ様、春霞がすみの干潟越しにみる寺社を抱く山並み、紅葉の峠越しに見下すおだやかな入り江など、うたわれ絵になってきた絶景を、今も訪れる人々に教えてくれる。自然と文化が調和した和歌の浦の絶景は、日本人の精神文化の源ともいえる和歌に始まり、いつの時代も人々を魅了し、様々な芸術を育はぐくんできた。
c0367107_12410875.jpg
c0367107_13035937.jpg
c0367107_13040504.jpg
c0367107_13032947.jpg
c0367107_13033665.jpg
c0367107_13030246.jpg
c0367107_17132935.jpg







[PR]
# by tamatusima | 2017-07-10 00:01 | 名勝和歌の浦

名勝和歌の浦クリーンアップ 和歌浦天満宮

7月23日 日曜日、名勝和歌の浦クリーンアップ 和歌浦天満宮です。24,25日が天神祭。その前日に清掃です。また、8月4日は、橋の日。不老橋でラジオ体操した後、清掃です。よろしくお願い致します。



c0367107_08475559.jpg
c0367107_08480107.jpg
c0367107_07460957.png
c0367107_07340403.jpg

[PR]
# by tamatusima | 2017-07-09 08:48 | 名勝和歌の浦クリーンアップ

名勝和歌の浦の価値 和歌の浦の美しさ

和歌の浦の美しさは、どこにあるのだろうか。名勝指定は、自然的な名勝であるとともに人文的な名勝として、和歌の浦は評価された。

保存管理計画書では、

平成22年8月5日付で国名勝に指定された和歌の浦の指定基準は「二橋梁」「八砂嘴、海浜、島嶼」「十一展望地点」とされている。
指定基準八は、自然の営みによって時を重ねながら類い希なる風致景観として結実した、砂嘴、海浜・干潟、島嶼(玉津島)などからなる自然的要素である。海岸線に沿って地域特有の地質構造からなる特徴的な島・丘陵等の地形が表出し、海岸平野部では沿岸流や河川の堆積作用等によって形成された砂嘴等の海岸景観が展開する。希有ともいえる自然の造形作用によって、和歌の浦という地が古来多くの人々に愛でられた。特に干潟は、潮の満ち引きによって変化に富んだ風趣を呈するとともに、多様な生物の生息場所となり、それらが水の浄化にも寄与するなど、自然と環境のサイクルを学び体験する場となっている。

指定基準二は、橋梁をはじめとする多宝塔等の和歌の浦の自然との長い人々との関わりを示す建築物・工作物群であり、自然的要素を引き立てる点景ともなる人文的要素である。中でも玉津島神社は、聖武天皇、称德天皇、桓武天皇が相次いで訪れるなど、当時の和歌の浦の
中核であり、往古からの地域固有の信仰の場として、存在そのものが風土や歴史性を表徴している。和歌の神(玉津島神社)、和歌の聖地(和歌の浦)という独自の地域性がここにはある。

指定基準十一は、これら要素群を眼下または眼前にして、周囲の緑の山並みに囲まれた海や平野をはるかに見晴るかす「場」である。これら自然的要素と人文的要素が双方備わり、密接不可分に相調和して和歌の浦という、芸術上・観賞上価値の高い風致景観をつくりだしている。その名勝・名所を観賞する場(展望地点)では、万葉の昔から王朝・貴族をはじめとして、文人墨客から広く庶民にいたるまで、展望景観を堪能しており、今日的言葉でいえばいわゆる活用拠点ともいえる。

また、地域の人々との関わりの点でみると、そこはいにしえから海の幸を得る生産の場であり、生活の場でもあった。入江の干潟では近年まで海苔の養殖が行われ、和歌海苔として広く知られるとともに、海苔採取の風景は長らく和歌の浦の冬の風物詩となっていた。今日は干潟では潮干狩りで歓声をあげる老若男女の姿を見ることも出来る。さらに和歌の浦(地域及び周辺)に住まいする人々にとっては、生活生産の場であるとともに、共有財産として日常的に風致景観を享受する場でもある。その保護については、聖武天皇以来の歴史があるが、近代以降の観光開発や住宅開発に対しては、自然及び歴史的環境保全のために和歌山県が和歌公園として指定し、管理・運営するとともに、周辺域を含めて風致地区等の指定がなされたことで、主要な骨格となる景観は維持され、保全されている。一方で、文化財保護法による保護措置が執られなかったこともあって、戦後の公共的土木事業と開発行為によって損なわれた部分もある。しかし、近年は、和歌の浦の歴史的景観の保全活動やこれを活かした文化活動並びにまちづくりの活動に多くのNPO団体らが取り組む状況が見られるようになっている。
このように和歌の浦の長い「保護の歴史」も和歌の浦の大きな特徴・価値の一つである。「保護の歴史」の継承という点からも、文化財としての和歌の浦の保護に向けて地域住民と行政、関連機関等が一体となって取り組む体制が望まれている。

これら和歌の浦の特徴・価値をまとめると以下のようになる。
○自然の営みによって形成された自然的要素(砂嘴、海浜・干潟、島嶼(玉津島)など)と、風土と歴史性を反映した人文的要素(和歌の聖地、海の霊所・名所としての建造物群)が相調和し、和歌の浦という地域固有の風致景観を有する地であること。
○海の名所、聖地、霊所としてのみならず、生活の場としても地域の人々によって保護されてきたことで、和歌の浦の骨格としての風致景観が継承、維持されてきた地であること。

また、これらから導き出される名勝和歌の浦の保存管理の目標を以下のように設定する。
1.名勝和歌の浦の骨格を守る
○ 万葉のいにしえから今日に伝わる砂嘴、海浜・干潟、島嶼(玉津島)を厳正に保存する
○ 名勝和歌の浦の特徴的な風致景観であった白砂青松の再生に取り組む

2.名勝和歌の浦の骨格を彩る歴史的人文要素を際立たせる
○ 近世期以降に風致景観に調和し、引き立たせるように造られた建造物を守り、顕在化する
○ 歴史的に和歌の浦の中核として存在してきた玉津島神社等社寺境内地かいの景観を保全する
3.和歌の浦からの展望、和歌の浦への展望景観を守る

住吉如慶「紀州若浦之図」1645 近世に行われる開発以前の絵図。中世以前の和歌の浦の原型が描かれている。和歌の浦干潟は、和歌浦天満宮の下まで、また妹背山から東側には干潟が伸びている。観海閣から見る干潟は、左右に大きく広がりを見せていたのである。この空間の中で見る干潟の干満風景は、神がなす自然の力であったろう。この風景そのものが和歌の浦の景観美なのである。
c0367107_16435479.png


[PR]
# by tamatusima | 2017-07-08 00:01 | 名勝和歌の浦

小暑  七夕

七夕が行われる7月7日。および大暑までの期間。夏至から数えて15日目頃。

暑さがどんどん強くなっていくという意味があり、この頃から暑さが本格的になってきますが、梅雨の終わる頃で、集中豪雨が多く発生する時季です。今年も北部九州で大雨がふっています。自衛隊も出動しました。


c0367107_11232577.jpg
c0367107_11233684.jpg
c0367107_11234767.jpg
c0367107_11235349.jpg
c0367107_11240006.jpg
c0367107_11240710.jpg
c0367107_11241546.jpg


[PR]
# by tamatusima | 2017-07-07 00:01 | その他

名勝和歌の浦 梅雨と台風

梅雨の季節。台風まで来ました。

c0367107_15523549.jpg
c0367107_15524332.jpg
c0367107_15522895.jpg

[PR]
# by tamatusima | 2017-07-06 00:01 | 名勝和歌の浦

水軒交差点 

水軒交差点です。水軒~水軒交差点~高速まで、和歌山市の東西を結ぶ幹線道路です。和歌山市は、南北の道は多くありますが、東西を結ぶ幹線道路少ない。あと少しで、和歌山工業高等学校や西浜中学校生徒が通る通学路の道が、広くなります。あと何年でしょうか。楽しみです。この道ができれば、今、和歌浦から水軒へと大型ダンプが通行していますが、それがなくなります。名勝和歌の浦を通る大型トラック。静かな名勝和歌の浦になります。


c0367107_12553962.jpg
c0367107_12564020.jpg

[PR]
# by tamatusima | 2017-07-05 00:01 | その他

和歌の浦温泉 萬波 

和歌の浦温泉 萬波の入り口に、布袋さんがいます。


c0367107_16272990.jpg

c0367107_16252725.jpg

[PR]
# by tamatusima | 2017-07-04 00:01 | 新和歌浦

名勝和歌の浦クリーンアップ 紀州東照宮

7月2日は、紀州東照宮の草刈りです。忠魂碑とその前の樹木の枝打ち。年間を通じて、忠魂碑の草刈り、名勝和歌の浦クリーンアップ隊が
実施しています。

c0367107_14240813.jpg

c0367107_14251949.jpg
c0367107_14251264.jpg
大道和歌浦地区連合自治会長のあいさつ。
c0367107_14252724.jpg
片男波の吉田さんの健康体操。

c0367107_14274502.jpg

c0367107_14275276.jpg

c0367107_14283540.jpg

c0367107_14285095.jpg

c0367107_14290483.jpg

c0367107_14291877.jpg

c0367107_14292558.jpg

c0367107_14293214.jpg

c0367107_14294598.jpg
山崎さんのしば漬け。美味しい。ビールが欲しい。
c0367107_14255621.jpg
今回、3名新たな人が参加です。尾花市長の奥さんも参加です。
c0367107_14300246.jpg

c0367107_14301019.jpg

c0367107_14301707.jpg

市町川県道・和歌浦天満宮、紀州東照宮~玉津島神社~片男波海岸の動線部分は、いつもきれい。これでこそ名勝和歌の浦。

c0367107_16451358.jpg
c0367107_16452122.jpg
c0367107_12161142.jpg
c0367107_12162766.jpg
c0367107_12162052.jpg
c0367107_16455444.jpg
c0367107_16454788.jpg
c0367107_16453777.jpg
c0367107_12164391.jpg
c0367107_07460957.png
次回は、和歌浦天満宮。24,25日 天神祭りの前日に清掃します。よろしくお願い致します。

[PR]
# by tamatusima | 2017-07-03 00:01 | 名勝和歌の浦クリーンアップ

ナルトサワギク 名勝和歌の浦

ナルトサワギクが自然環境を破壊するほど、大量に広範囲に咲いています。大変です。名勝和歌の浦指定地、和歌浦地区にナルトサワギクは一切存在しません。名勝和歌の浦クリーンアップ隊により定期的に片男波海岸に咲くナルトサワギクは、駆除しています。また、個人でも気が付けば抜いています。散歩の最中でも、抜く人がいます。水軒堤防も同様です。一切生えていません。意識して抜くことです。この意識があるないで、これだけ違うのです。人ひとり、なかなかです。
一度、和歌浦地区、水軒堤防、意識してみてください。名勝和歌の浦 玉津島保存会が主催した文化財担当者と学ぶ名勝和歌の浦で、県立自然博物館の内藤さんに教えていただきました。

c0367107_07300144.jpg
c0367107_12022624.png
c0367107_16264677.jpg
自然博物館の内藤学芸員の「名勝和歌の浦の植生と植物」で勉強してください。
c0367107_11334555.png

玉津島神社と松木書店、その他多くの書店で販売中です。1000円です。安くボリュームたっぷり。一家に一冊です。


c0367107_16461737.jpg
c0367107_16462615.jpg
c0367107_16463596.jpg
片男波海岸。一本のナルトサワギクも生えていません。万葉からの植物ばかりです。


[PR]
# by tamatusima | 2017-07-02 00:01 | 名勝和歌の浦

文月 ふづき ふみづき

短冊に歌や字を書いて、書道の上達を祈った七夕の行事に因んだ「文披月(ふみひらづき)」が転じたものといわれています。
また、穂が見えるようになる頃であることから
「穂見月(ほみづき)」が転じたという説もあります。
「ふづき」とも読みます。

c0367107_18554600.jpg
c0367107_18555605.jpg
c0367107_20073073.jpg
c0367107_20155144.jpg
c0367107_20160006.jpg
c0367107_20162538.jpg
c0367107_20163427.jpg
c0367107_20164316.jpg


水軒の浜に松を植える会
7月23日 日 水軒堤防から花火をみよう
22日 土 クリーン大作戦

トンガの鼻自然クラブ
<臨時作業> 

*7月4日(火)  9:00~11:40  トンガの鼻

<定例作業>

*7月15日(土) 9:00~11:40 トンガの鼻

<追加作業> 8月1日(火) 9:00~11:40 トンガの鼻

<定例作業> 8月19日(土) 9:00~11:40 トンガの鼻

c0367107_07460957.png
c0367107_07340403.jpg


[PR]
# by tamatusima | 2017-07-01 00:01 | その他

破竹

高津子山を毎日草刈りなど整備している巨海さんから破竹を頂きました。美味しく食べました。

c0367107_16202992.jpg
c0367107_16203722.jpg
c0367107_16201837.jpg
c0367107_16170912.jpg
c0367107_16183868.jpg
c0367107_16182973.jpg
月一回、高津子山は清掃されています。また、毎日のように巨海さんが行って、奇麗にしています。大きな範囲ですが、人ひとりの力も継続すれば大きな力です。

7月2日 日曜日 9時30分から紀州東照宮です。紀州東照宮の管理する忠魂碑とその前を清掃します。忠魂碑は、年に数回、数年前から名勝和歌の浦クリーンアップ隊が草刈りをして、いつもきれいです。前の土地は、紀州東照宮所有ではないそうですが、樹木の枝が道に出て、危険になっています。安全確保のために奇麗にします。
c0367107_08493974.jpg
c0367107_08495194.jpg
c0367107_08494522.jpg
c0367107_07460957.png


[PR]
# by tamatusima | 2017-06-30 00:01 | その他

西浜博2017 地域の宝巡り 

6月28日 水曜日 9時30分より地域の宝巡りです。西浜博2017 の一環です。雨天でしたが、地域に存在しながら見る機会のないものを見せていただき、楽しい一日でした。和歌山工業高等学校~星林高校~五百羅漢~秋葉山プールを見学しました。


c0367107_12353498.jpg
c0367107_12363517.jpg
c0367107_12364208.jpg
和工です。1200名の大規模校で、校訓は「質実剛健」。100年の伝統校です。


c0367107_12364948.jpg
c0367107_12365700.jpg
c0367107_12370331.jpg
産業デザイン科。3次プリンターでのCAD・CAM技術によるモノづくりをみました。

c0367107_12372060.jpg
3次元測量により資料化します。
c0367107_12371193.jpg
c0367107_12372756.jpg
c0367107_12373594.jpg
c0367107_12412397.jpg
c0367107_12413122.jpg
プリンターによって同一のものを作ります。
c0367107_12414068.jpg
c0367107_12414732.jpg
c0367107_12435002.jpg
和歌山工業高等学校の免震構造を見せてもらいました。
c0367107_12440527.jpg
機械科の実習風景です。即戦力としての知識・経験を身に付けます。
c0367107_12472878.jpg
星林高校国際
c0367107_12473600.jpg
c0367107_12474918.jpg
c0367107_12474200.jpg
第2外国語を、2,3年生では選択するそうです。スペイン語、中国語、韓国語。中国語の授業を見学しました。楽しそうです。
c0367107_12475639.jpg
c0367107_12484616.jpg
秋葉山の五百羅漢を見学。紀州徳川八代藩主重倫(しげのり)の祈祷寺として建立された。初代住職が大本山永平寺46世真空妙融禅師の縁で、永平寺の長系寺となった。1837から4,5年間、西浜御前の女中様や商人が先祖供養のために奉納したのが、多くの羅漢様です。初めて知りました。
c0367107_12485499.jpg
c0367107_12490049.jpg
c0367107_12490781.jpg
秋葉山公園県民水泳場。
c0367107_12491308.jpg
c0367107_12492026.jpg
紀州材。

c0367107_12483965.jpg

お疲れ様でした。いろいろと楽しい企画でした。

午前中、雨でしたが、午後からあがりました。

c0367107_18522206.jpg
c0367107_18530830.jpg
c0367107_18533688.jpg
c0367107_18534379.jpg
c0367107_18535495.jpg
c0367107_18542309.jpg
c0367107_18551832.jpg
c0367107_18552796.jpg
c0367107_18553585.jpg
c0367107_18554600.jpg
c0367107_18555605.jpg





[PR]
# by tamatusima | 2017-06-29 00:01 | イベント

市町川 玉津島神社と和歌浦天満宮、紀州東照宮を結ぶ動線

玉津島神社と和歌浦天満宮、紀州東照宮を結ぶ市町川県道。この道により、名勝和歌の浦は結ばれています。その奠供山の下の店が奇麗に整備されています。洒落た喫茶店、食事をする場所等とのことです。市町川県道が曲がっている場所であり、危険なところでしたが、視界を遮断するうばめが切られて、よく見えるようになってます。また周辺部のうばめも奇麗にされています。この部分が活性化すれば、市町川県道がさらに奇麗に、人が集まる場所ともなります。状況は好転しています。


c0367107_08465529.jpg
c0367107_08464955.jpg

c0367107_17174437.jpg
c0367107_08464181.jpg




[PR]
# by tamatusima | 2017-06-28 00:01 | 名勝和歌の浦

名勝和歌の浦クリーンアップ  片男波海岸

昨日、雨のため、月曜日26日、名勝和歌の浦クリーンアップをしました。精鋭部隊が集合です。海開きが7月1日です。多くの人が名勝和歌の浦の片男波で遊びます。


c0367107_12305759.jpg
c0367107_12250860.jpg
c0367107_12250150.jpg
c0367107_12243552.jpg
c0367107_12242740.jpg
c0367107_12134226.jpg
c0367107_12134814.jpg
c0367107_12133455.jpg
c0367107_12251907.jpg
c0367107_12245284.jpg
c0367107_12132679.jpg
鈴木さん、岩崎さんが、この後来られました。
c0367107_12441670.png

片男波海岸、海水浴場から南は指定地です。海川が指定されています。この場所の清掃は、継続して実施しています。

c0367107_07460957.png
c0367107_16482920.jpg
c0367107_16483732.jpg
c0367107_16484472.jpg
c0367107_16485276.jpg
c0367107_16485940.jpg
c0367107_16544720.jpg
c0367107_16545596.jpg
c0367107_16551024.jpg
c0367107_16552322.jpg

c0367107_16560162.jpg
c0367107_18041540.jpg
c0367107_18042156.jpg

堤防の南端部分まで、美しくなりました。梅雨の季節、一日、片男波で遊びました。ありがとうございます。



[PR]
# by tamatusima | 2017-06-27 00:01 | 名勝和歌の浦クリーンアップ

アートキューブ 和歌浦

名勝和歌の浦クリーンアップ 片男波海岸にアートキューブ職員の方が2名来られました。ブログに中止の報を出さず、各方面に迷惑を掛けました。すみませんでした。

アートキューブHP  http://wakanouraartcube.web.fc2.com/index.html

本日、9時30分から片男波海岸の清掃を行います。車で来られる方は、ボランティアと入り口で言ってください。直ぐに海開きです。よろしくお願い致します。

c0367107_16090420.jpg
c0367107_16091993.jpg
c0367107_16092718.jpg
c0367107_16085631.jpg

[PR]
# by tamatusima | 2017-06-26 00:01 | 名勝和歌の浦

名勝和歌の浦クリーンアップ 片男波海岸

本日の名勝和歌の浦クリーンアップ 片男波海岸、雨のため中止です。多くの人が清掃に来てくれる片男波海岸ですが、残念です。9時から片男波海岸入り口でいましたが、8名程、するのかと来てくれました。和歌山市の中野さんは、ゴミ袋をいっぱい持ってきてくれました。竹家さんも来てくれました。ありがとうございます。

c0367107_10394837.jpg
c0367107_10395706.jpg
c0367107_10393962.jpg

c0367107_07460957.png
次回は、7月2日日曜日、9時30分から紀州東照宮です。忠魂碑とその前の樹木を選定します。よろしくお願い致します。


[PR]
# by tamatusima | 2017-06-25 12:01 | 名勝和歌の浦クリーンアップ

妹背山 

妹背山。和歌の浦干潟に浮かぶ唯一の島、万葉景観を今に残します。徳川頼宜は、父家康を紀州東照宮に、母お万の方を妹背山多宝塔に祀りました。多宝塔の下には、15万個に及ぶ経石が収められていました。上皇から庶民まで、日蓮宗のお題目「南無妙法蓮華経」を永遠なるもの石に墨で書いています。お万の方は、熱烈な日蓮宗の信徒でした。日蓮宗の教えが古来からの景勝地である和歌の浦から世界にひろまるようにと、妹背山多宝塔に経石を収めたのです。300年以上、人々の平和への願いが込められた経石は、多宝塔の下に収められていました。調査のために掘り出された経石は、調査が終了次第、一点残らず、多宝塔の下に再度埋蔵する必要があります。時間がたてば、散逸することは必定です。長きにわたり、お万の方、多くの人々の祈りと共に埋納されていた経石です。一日でも早く、戻す必要を感じます。
c0367107_10472131.jpg
c0367107_10471283.jpg
c0367107_11162903.jpg
c0367107_11163551.jpg

c0367107_10473482.jpg


c0367107_10464978.jpg
妹背山は、和歌公園妹背山地区です。行き届いた管理がされています。
c0367107_08302441.jpg
あしべ屋妹背別荘。西本直子さんにより活用が図られています。限りなく奇麗な妹背山。その中で明治以降建つあしべ屋妹背別荘。風情があります。




[PR]
# by tamatusima | 2017-06-25 00:01 | 妹背山

名勝和歌の浦クリーンアップ 片男波海岸 海開き準備

6月25日 明日、片男波海岸、名勝和歌の浦クリーンアップの活動日です。秋葉山のトヨペットから20名が参加、和歌浦走友会からも参加です。天気が100パーセント雨ですが、何とか天気になりませんか。テルテル坊主に頼みましょう。

作詞・浅原鏡村  作曲・中山晋平
(1番)
てるてる坊主 てる坊主 あした天気にしておくれ
いつかの夢の空のよに 晴れたら金の鈴あげよ
(2番)
てるてる坊主 てる坊主 あした天気にしておくれ
わたしの願いを聞いたなら あまいお酒をたんと飲ましょ
(3番)
てるてる坊主 てる坊主 あした天気にしておくれ
それでも曇って泣いてたら そなたの首をチョンと切るぞ

3番、怖いですね。自然は人の力では、どうにもなりません。なるようになるのです。雨ですか。

c0367107_12432261.jpg
c0367107_12432922.jpg
c0367107_12431589.jpg
c0367107_07460957.png


[PR]
# by tamatusima | 2017-06-24 18:01 | 名勝和歌の浦クリーンアップ

片男波 海

c0367107_10433301.jpg
c0367107_10301345.jpg
もうすぐ海開きの片男波海岸。幼稚園児が遊びます。


[PR]
# by tamatusima | 2017-06-24 00:01 | 片男波