名勝和歌の浦 玉津島保存会

wakanoura.exblog.jp ブログトップ

日本遺産 絶景の宝庫 和歌の浦3

3.天下人や藩主もほれこんだ、和歌の浦の絶景
中世末、豊臣秀吉は、紀州攻めの際に古来の景勝・和歌の浦を遊覧し、その名にちなんで北方の岡山に建てた城を和歌山城とし、その城下が和歌山とよばれるようになった。こうして「和歌」の名は、現在の県名にまで引きつがれ、和歌山の誇りとなっている。400 年前の江戸時代、徳川家康の十男頼宣が和歌山へ入国すると、和歌の浦の北西にそびえる権現山に父家康をまつる東照宮を、干潟に浮かぶ妹背山に母お万の方をしのぶ多宝塔を建てた。そして妹背山に三断橋をかけて観海閣を設け、干潟の移ろいを楽しむ場として民衆に開放した。また東の対岸、紀三井寺からの渡し舟で、西国巡礼の旅人を和歌の浦へと誘なった。頼宣が始めた紀州東照宮の例大祭・和歌祭では、和歌の浦を背景に渡御(とぎょ)行列が練り歩あるき、民衆も楽しんだ。名所に民衆が自由に集い楽しむ場が設けられたのは、和歌の浦が始まりである。また和歌の浦の景勝をいかして、優れた庭園が造られた。紀州藩主随一の文化人・10 代藩主徳川治宝が、西の高津子山を借景として造園した養翠園は、江戸の浜離宮と同じく珍しい潮入りの大名庭園である。園内には茶室を設け、和歌の浦をかたどった菓子や茶器もつくられた。南東の琴ノ浦では、近代になって温山荘庭園が築かれた。和歌の浦を見下ろす船尾山を借景とした池泉回遊式の庭園には、皇族や大臣も訪れ、関西を代表する名園となっている。
c0367107_20163567.jpg
c0367107_20181819.jpg
c0367107_20171936.jpg



[PR]
by tamatusima | 2017-07-12 00:01 | 名勝和歌の浦