名勝和歌の浦 玉津島保存会

wakanoura.exblog.jp ブログトップ

小暑 しょうしょ 名勝和歌の浦

小暑 新暦の7月7日  梅雨明け、いよいよ日差しも強く、暑さも厳しくなってきます。

7月7日七夕の夜、天の川の両岸に輝く、わし座のアルタイル彦星とこと座のベガ織姫が一年に一度だけ逢うことを許された日です。なぜ一年に一度だけなのでしょうか。
天を支配している父天帝の娘、天女の織女は、天の川の東に住み、日々、機織りをしていました。織女(しょくじょ)の織る布は、五色に輝き、季節の移り変わりと色が変わる、それは見事な不思議な錦です。父天帝は、愛おしい織姫を天の川の西に住む働き者の牽牛(けんぎゅう)という牛飼いの青年と結婚させ、二人の楽しい新婚生活が始まりました。新婚生活は、織姫にとって楽しい日々。天職である機織りは止まってしまいました。天帝は、最初は大目に見ていたのですが、何時までも続くので、怒ってしまい、二人を離婚させました。天帝は、天職の機織りを一生懸命にするのなら、一年に一度、7月7日に逢わしてやろうと言いました。織姫は、嘆き悲しみましたが、天職である機織りを忘れていたことを反省し、以前のように機織りに精を出しました。牽牛も同じ思いです。二人は懸命に働き、7月7日を待ちました。しかし、七夕の日に雨が降ると天の川が増水し、二人は逢えません。天の川の両岸で、涙を流すのでした。そんな二人があまりにかわいそうと、情に厚いカササギの群れが飛来し、天の川で翼と翼を広げて橋を造り、織姫を彦星の所に渡し二人を逢わせるのです。

万葉歌にも歌われています。
『彦星と棚機女と 今宵逢ふ天の川門に 波立つな ゆめ』 万葉集巻10

七夕の日に、短冊に願い事を書き、笹の葉につるすのは、なぜなのでしょうか。
七夕祭りは中国から伝来した乞巧奠(きこうでん)という儀式が起源だそうです。この儀式はもともと、針仕事をする女性たち(織女)が裁縫の上達を願った祭りで、それが日本に伝来し、習字を含め、裁縫、工芸などの芸事が上達しますようにとの祭りになったとのことです。短冊に書くのは、元来「字が上達しますように」と願いを込めて書いていた風習だそうですが、時代と共に短冊に書いたことが叶うと変化したとのことです。笹に願い事をつるすのは、本来は竹につるすとのことですが、竹の内部の空間からかぐや姫が生まれたように、日本では竹の内部には神が宿るとの信仰があるためだそうです。
7月7日、七夕の日、天に流れる天の川の岸辺で逢う織姫と彦星・・・あなたの願い事が叶うといいですね。

c0367107_07192770.jpg
c0367107_07184438.jpg
c0367107_15402376.jpg
c0367107_15374221.jpg

[PR]
by tamatusima | 2016-07-07 00:01 | 名勝和歌の浦
line

名勝和歌の浦の自然・歴史・文化の情報発信


by tamatusima
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー