名勝和歌の浦 玉津島保存会

wakanoura.exblog.jp ブログトップ

天皇陛下 和歌の浦へ

昭和37521日~25日 天皇・皇后両陛下和歌山県行幸

21日  両陛下 きょう紀州路へ 県民あげてお出迎え

22日  両陛下紀州路におはいり 沿道に続く人並 小旗振って歓迎「国鉄新宮駅のお出迎えのうずの中で演奏を続けていた新宮高校、城南中のブラスバンドの君が代がやんだ。21347分、新宮駅にすべるように入って来た特別列車がぴたりと止まった。水をうったような静けさの中、天皇、皇后両陛下はお元気な姿を見せられた。」

23日  歓迎にわく初夏の南紀 両陛下2日目は白浜でお泊り

24日  お楽しみの白浜は雨 専門的なご質問

25日  両陛下 紀州路最後の御視察 

「雑賀崎野立所では島本和歌山市助役のご説明で、初夏の新和歌浦景勝をご覧になった。眼下に見える浪早崎、番所の鼻崎など青石の絶壁海岸、双子島、男島女島周辺に浮かぶ漁船、遊覧船、はるか西方の淡路の山々など机に置かれた地図を見ながら双眼鏡でご覧になり、ここではどんな魚がとれますかなどご質問になっていた。また雑賀崎、田ノ浦の漁港では、百数十隻の漁船が満船飾でお出迎えをした。」「新和歌浦の御泊所、東邦荘にお着きなった両陛下は、海岸でお出迎えした数百人がさけぶバンザイのどよめきに、わざわざカーテンを開けて、数回もおこたえになった。また同夜8時から、地元の漁船50隻が電気チョウチンをかかげてお泊所の沖を航行、両陛下の旅情をお慰めした。両陛下はこれにもチョウチンを振ってお答えになった。」

c0367107_14544780.jpg
c0367107_14540758.jpg

 


[PR]
by tamatusima | 2016-05-25 00:01 | 名勝和歌の浦